アクセスカウンタ

美しい夢想家-BeautifulDreamer-

プロフィール

ブログ名
美しい夢想家-BeautifulDreamer-
ブログ紹介
ヒネクレモノのアニメなどの感想、ちょっとした備忘などなど・・・

zoom RSS

コードギアス 反逆のルルーシュR2【第25話】

2008/09/29 17:48
ルルが完全な悪役を演じるとこから見えていたゼロ鎮魂歌…
今まで超展開で予想を裏切っていたのにここにきて予想通りな終焉を迎えた。

シュナイゼルをギアスにより下し、最後の大ボスで開眼のナナリーとの対決を向かえるルル。

ゼロ鎮魂歌完遂のためダモクレスの鍵を必要とするルル、兄の所業を為させまいとするナナリー。
ナナリーが力による憎しみの象徴にダモクレスを据え、人々の憎しみを集めようと考え自らの手を汚しながら行動していることを知ったルルは、ナナリーの見識に驚きと喜びを覚え、ナナリーを救う意味で躊躇われた最愛の妹へのギアスを行使する。

ダモクレスの鍵を手中にしたことにより、フレイヤによる牽制の据えルルは世界を掌握し世界の統一を成し遂げる。

しかしゼロ鎮魂歌はこれから…

2ヵ月後の戦犯処刑の市中引き回し行事が執り行われている最中、人々の前に姿を現した皇帝ルルの前にゼロが現れる。

ルルが立てたゼロ鎮魂歌の最終段階、ルルが全世界の憎しみを集めた末の正義の味方ゼロによるルルの暗殺行だ。

ゼロはカレンに殺され死んだことになっているスザク。
ルルはギアスを使った代償として、スザクは永遠の正義の味方を演じ続けることを罰とされ、ルルは死んでいく。

ルルの死亡により全世界はずいぶんまともになったらしい。


第一期の中途半端な終わりから、なんとか終了したみたいです。第二期は尺がどう考えても少ない感じで駆け足過ぎる印象を受けました、なんか早すぎて疲れるんだよね、まあ第三期やられるよりマシですがw

「ゼロ鎮魂歌」作戦名からしてルルが居なくなることを想定した内容とは思いましたが、やっぱり死んで最後でした、ちょっとC.C.の能力を引き継いで不死身状態で演じるかなとも思いましたが、ユフィを殺した事やシャーリーを死なせた事からか本当に死んだみたいです。

救われない感じですが、唯一ナナリーの能力によりナナリーにはルルの真意が伝わったこと、カレンにも全容を察して貰えた事が救いでしょうか。

何個か拾い切れてない伏線も有った気はしますが、スタッフの皆さんご苦労さまでした。

最大の不満は裏切り者である扇が幸せになってること。しかも首相なんて最悪だろ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 3


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第24話】

2008/09/22 10:58
最終決戦。なのにこの作品はメイン系の人死が少ないどころか、どんどん生還者が増る。


フレイヤの乱発を続けるダモクレスってかシュナイゼル&ナナリー。それに対し配下に特攻させ続けるルルという戦いが続く。

どう考えてもルルよりフレイヤを撃ちまくるシュナイゼルの方がおかしいにも関わらず、星刻は其の手駒としてアヴァロンの背後へ回り込み奇襲をかける。

それが功を奏し、アヴァロンは撃墜されることに。ルルは此処までもてば良いとアヴァロンを捨て、咲世子やロイド達にミッション・アバティアレティアを命じ、ニーナが完成させたアレ(ロンギヌスの槍w)を持ち蜃気楼にてダモクレスへと向かう。

最後は捨て身か見苦しいなとフレイヤを蜃気楼に打ち込むシュナイゼル&ナナリーだが。
フレイヤ発射後の組成を変え続けるフレイヤに対応したプログラミングを19秒で完成させ、コンマ0.4秒でフレイヤにぶつけると言う作業をルルとスザクのコンビは行い、フレイヤの臨界を停止させ、フレイヤを撃つために空けたブレイズルミネスの空間を突破。見事ダモクレスへの進入に成功する。

そうなると、さっさとダモクレスを放棄し、ルルを閉じ込めたままフレイヤを起動させる作戦に出るシュナイゼル。
ナナリーも見捨て脱出艇へと向かうのだが、ルルのシュナイゼル自身を読んだ作戦により、ギアスに掛かった兵士により逃げ場を失い。ルルとの通信と思った回線映像(録画)と会話しているうちに背後に回られギアスを掛けられ敗北を喫する。

そして残る敵は開眼の最終ボスであるナナリー。


うざい敵も味方になるとうざくなくなり、味方だった奴も敵に回ると見事にうざくなる。そう思わせる作り見事です。
見事だけど…なんかやだな。

藤堂も玉城も、C.C.も撃墜されたもののちゃんと脱出。
先週撃たれたコーネリアも、最初のフレイヤで死んだはずのナナリーもギルバートも生存。
この調子で行けば葬式挙げたシャーリーも、ユフィーも墓場から生き返りそうだ…マジ止めてね。

ゼロ鎮魂歌。結局ルルも全てを一回破壊して新秩序で再生するつもりなのかな?自らの手以外で。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第23話】

2008/09/15 08:41
生きていたナナリー…ハッキリ言ってニーナよりウザイんですが…

リミッターを外したフレイヤ弾頭を使用し、ブリタニアの首都ペンドラゴンが消滅。
直後シュナイゼルからの通信の中で姿を現したナナリーはルルに敵対行動に出てルルを愕然とさせる。
もっともナナリーは策士シュナイゼルにペンドラゴンの人的被害がないと言われ信じているみたいだが、いくらルルに騙されていた事への憤りからとは言え愚か過ぎ。
だが、ナナリーを騙したことでコーネリアがシュナイゼルに詰め寄り、さらにはシュナイゼルの全世界の都市へのフライヤ使用計画を知った事で反意をしめしたことで、コーネリアは撃たれてしまう(生きてそうだけど)。

一方ルルは落ち込む(最近落ち込みやすい)ものの死者への責任のため決戦に挑む。

かくして富士周辺にて、合流した黒の騎士団とシュナイゼル合同軍とルル率いるブリタニア軍の決戦の火蓋が切られる。

最初は砲火も無い盤上の陣形戦が行われるが、人材的不足からルルが動き火線が放たれる。

劣勢を強いられるルルは、奥の手で富士山をサクラダイトにて爆発させ黒の騎士団を旗艦もろとも壊滅に近い打撃を与える。

しかし、この段でシュナイゼルがフレイヤを撃ちまくる戦法に出たため、フレイヤの残弾的に一手不利な状況。ここでニーナの研究だのみという情けなさ。


シュナイゼルの目的はわかったがルルの結実点がまだ見えない。何がしたいんだろうか?
ロイド達が理解して合流してるくらいなんだから、バカな扇や目的が異なるディートハルト以外は理解しそうな気がするんだけど…

…せめて神楽耶には教えてあげれ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 2


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第22話】

2008/09/08 09:24
シャルルを下し第99代ブリタニア皇帝に即位したルル。貴族制度の廃止と財閥解体を行いナンバーズの開放と旧制度を破壊していく。

メイン配下以外にはギアスで奴隷になれを強行し、攻めて来たナイトオブワンを含む4人のラウンズをスザクが単騎で駆逐しブリタニアの掌握を全世界に宣言、超合集国への参加を表明する。

ってかワンがギアスを持っていることは解っていたが、直近の未来予知程度だったのでスザクに対応しきれずあっけなくやられ、ギノはまだ役目が残っているのか生き残るが、他のラウンズ娘2人は一言二言で去ると言う情けなさ。

超合集国への交渉場所はアッシュフォード学園を指定。

アッシュフォード学園で出迎えたカレンと束の間の別れの後、体育館で世界会議執り行い、見知った面々がブリタニアが入ると人数比で設置された投票権で合集国がブリタニアのものになるから、ブリタニアを割るか、ブリタニアだけ人口比の20%にしろとルルを責める。

ここでルルは神楽耶に世界を統べる資格を問う。神楽耶は「矜持」と答えるが、ルルは自分の答えは違う「壊すこと」と言い放ち、それを合図にスザクがランスロット・アルビオンで飛び込み体育館を占拠してしまう。

力で制圧するルルだが、その時緊急通信により帝都ペンドラゴンがフレイヤにより半径100キロで消失、全長3キロもある天空要塞ダモクレスが姿を現す、って早期警戒もだれずどっから進入したんだこんなもの。

当然こんな非道を行うのはシュナイゼルで、ついでに生きていたナナリーがこの虐殺の親玉に。

ついでにナナリーは「お兄様、スザクさん。私はお二人の敵ですと。」と兄の心知らず発言。


それぞれの目的が訳解らんので、なんか落ち着かない。解っているのはシュナイゼルと敵対する事だけってすっきりしないよ!

ナナリーは生きてるって解ってたけどね。そういえばアーニャはシュナイゼル側なんだな。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 1


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第21話】

2008/09/01 09:01
アーニャの中で生きていたマリアンヌも最後の日?ってか悪人ばっか。

皇帝と共にアッチ(C)の世界?で二人きりという状態を造りだしたルル。

マリアンヌの殺害について問い質すルルだが、マリアンヌ本人がご登場しとんでもないことに。

皇帝とV.V.は帝位争いにより世界を憎み、嘘のない世界を創ろうと誓った。…文章にすると起因事項と結論までに違和感があるような…
それにマリアンヌとC.C.も参画。計画は進行するものの皇帝がマリアンヌに腑抜けにされ怒ったV.V.がマリアンヌを殺害。

マリアンヌのギアス能力が人の心を渡るものであったため…一生に一回のギアスか?…、行儀見習いで来ていたアーニャに転送。アーニャの人生が壊される。

V.V.はその後、テロリストによる犯行に偽装するという嘘をつき。V.V.はその嘘が元で後に皇帝に殺される。

ルルとナナリーを日本に送ったのは、V.V.から大事な者を守るため遠ざけたと説明するが、捨てたことに変わらないと気づいたルルが反抗。

皇帝とマリアンヌが企てていたラグナレクを防ぐため、ルルがCの世界(集合意識)にギアスをかけて阻止。その煽りで皇帝とマリアンヌが粒子に帰る。ってマリアンヌトンでもキャラだったな暗殺されずに生きていたらルルとナナリーの性格にも多大な影響を与えたに違いない。

その後、一ヶ月が経ち帝都ペンドラゴンにてルルが皇帝位についたことを表明。認めない兄を含めた居合わせた人間にギアスで認めさせる。

スザクはルルのナイトに。

勢力構図が大逆転。…やりすぎだろ?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第20話】

2008/08/25 09:16
黒の騎士団に裏切られたゼロ、ロロ雑巾に助けられ狙うは皇帝の首一つ。

「私の指示通りに動け」という便利キーワードのギアスに気づいた?ゼロは反撃を開始する。

皇帝は、皇帝で戦争を「俗事」と言い、全てを手に入れたくせに創造と破壊とか小悪党の言いそうな事を実行しようと、アーカーシャの剣とやらを使うため神根島へと向かう。

詭弁を弄しながら際限なく非道なことを行ってきたスザクは、遂に?奇行に出る?シュナイゼルを唆し?皇帝抹殺の命を出させ自らが皇帝抹殺へと向かう。最初からそうしろよ、行動に一貫性がなさ過ぎる。
だが、裏切り続けの人間を誰が信用するものかと至極まっとうな人間(ナイトオブワン)がおり、スザクの前に立ち塞がって怯えさせる。
もう一人まともなギノっちはシュナイゼルにより拘束。

アーニャの中にはおちゃめなマリアンヌが居るみたいで、可愛い可愛い傅きモードのC.C.を元に戻してしまいました。残念。
そのままマリアンヌとC.C.は神根島へ。

黒の騎士団では、ディートハルトがゼロ死亡を公式発表し、ゼロの存在を隠蔽。
それを聞いた神楽耶は涙を堪え気丈に振舞う。シュナイゼルとの交渉の席上で皇帝への反乱の報を聞き、この状況下で皇帝に刃を向ける人物など一人しか心当たりがありませんと神楽耶は女を上げる。

反乱に困っちゃうナイトオブトゥエルブは飾り物?


アッチの世界で事を始める皇帝だが、そこにルルが登場。銃でも剣でもギアスでも殺せない皇帝相手にルルは一緒に引きこもる道を選択。出入口を塞いでしまう。

マリアンヌあたりが開けちゃったとか言って入ってきそうだが…


超展開を通り過ぎて…なんか投げやりっぽく映るのは私だけでしょうか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第19話】

2008/08/18 07:25
人生躓くと、際限なく転がり落ちるものだなと。

ニーナお手製のフレイヤをスザクが使い、その結果トウキョウ租界は抉られ1000万人の死者と二次被害による2000万人の死傷者を出す。

慄くニーナにスザク。まぁ、此方は自業自得だが、コレによりルルはナナリーを失ってしまう。

ナナリーを失ったルルは、ご乱心。撤退を進言する藤堂に対しナナリーの捜索を支持し不信を買い。撤退してはロロに本音を叫ん(罵詈雑言?)でしまう。

その隙にシュナイゼルがイカルガを訪れ、藤堂やナイトハルトらにゼロの正体や有る事無い事まで言って、ゼロと黒の騎士団の切り離しを図る。

特にヴィレッタラヴだあるところの扇の裏切りが酷過ぎ。当初庇う側にいたディートハルトも折れ、傷心のルルを売り渡すことに。

ルルの元を訪れたカレンと共に4号倉庫に向かうと、黒の騎士団に銃を向けられるルル。

シュナイゼルの策なら逃げ道は無いと諦め、一緒の死すら選ぼうとするカレンを救うため悪者を演じカレンを離れさせるが、最後に告げた言葉は「君は生きろ」。

ルルに銃火が浴びせられるとき(ってか即時銃殺かい!)、ルルを守ったのは蜃気楼を操るロロ雑巾。

ロロは命と引き換えの広範囲ギアスを連続使用しつつイカルガより脱出、アーニャや黒の騎士団、ブリタニヤ軍からも逃走。

教団の道具として使われてきたし、ルルにも駒として使われてきたが、ルルと過ごした時間は本物だと命を捨てて守りきる。シャーリー殺しにしては過ぎたる最後であった。

全てを失ったルルだが、皇帝を倒す気持ちだけが残り。

スザクは気が触れて高らかに大笑い。

皇帝は古い世界の破壊に着手?


う〜ん超展開?ってか、前振りがあったにしても黒の騎士団の裏切りが酷過ぎる。指導者にとって兵士が駒なのは当然だし、上層部なら心得ていなければならない事柄策謀を今更ゼロ切りの理由に上げられても…

取り敢えず今期で終ってくれる感じは掴めたのでまあ良いか。

カレン、オレンジは後で合流するだろうし、神楽耶もルル側に来て欲しいね。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第18話】

2008/08/11 09:17
先週「嘘を本当にしてしまえばいい」とか言っていたのに今週は「僕が償わせるしかない」に変わる奴…どうにかして

そんな奴に足蹴にされ騙されたものだから、ナナリー奪取、カレン救出、紅蓮奪還を目的に東京租界を攻めるゼロ。

敵対するは当然嘘つき最低人間のスザク。他に、ナイトオブラウンズのジノ、アーニャ、吸血鬼。

味方はジェレミア、ギルバート、そして咲世子によって救出され紅蓮聖天八極式を駆り戦線復帰したカレン。

当初ナイトオブラウンズに押されていた黒の騎士団側だが紅蓮聖天八極式の性能が戦局をひっくり返し、吸血鬼を撃破。スザクをも追い詰める。さんざん性能で勝ってきたスザクが性能云々を口にするのはおこがましいったらありゃしない。

しかし、スザクを追い詰めてしまったばかりに、スザクはランスロットに搭載されていたフレイヤを闇雲に発射。
それが政庁であったところを消失させ、ナナリーも咲世子も生死不明に…

あ〜あ

今までの流れでいくと本当にナナリーが死んでてもおかしくないんだけど、どうなんでしょうかね…もし死んでいたらやりすぎだよな。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第17話】

2008/08/04 09:04
皇帝の存命によりナナリーの安否を気にするあまりスザクにお願いをしてしまうルル。
スザクの要求により思い出の神社に向かうが…

出会ったスザクは、土下座してお願いするルルの頭に足を乗せグリグリするは、突き飛ばすは、何より責め立てる口撃を繰り返す。

最後には嘘をホントにしろと甘いことを言ってルルをニッコリさせ手を取り合おうとしたところで、ブリタニア軍が出てきてルルを拘束(シュナイゼルの謀だが)。

すっかり人を信じられなくなったルルは、前もってギルフォードにかけていたギアス(ルルをコーネリアと思わせる)を発動させて脱出。自らの手でトウキョウ租界に向かい、用意していたゲフィオンディスサーバーでトウキョウを沈黙させる。

そこに待機させていた藤堂ら黒の騎士団伏兵部隊を突入させる。

日本に攻込む星刻率いる超合集国黒の騎士団本体は鹿児島上陸を目指すが、ナイトオブラウンズの1と10が出てきて思うようにいかずって言うか劣勢?

シュナイゼルに問い詰められたスザクはルルの秘密を白状し、シュナイゼルに納得も得心も言った吐かせるに至る。
ホントスザクって、上のものには弱く、弱いものには強く当たる日本人を体現してるよな。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第16話】

2008/07/28 11:46
ブリタニアに効するため、遂に超合集国というネーミングはどうなのよを立ち上げるゼロ。

これにより世界は二極化。超合集国は軍事力の放棄を宣言し、軍事力は黒の騎士団への契約と言う形を採用。

先ずは神楽耶のお願いで日本を取り戻すことになるのだが、ここで変な世界に閉じ込めたと思った皇帝が電波ジャックで現れる。

ナナリーの安否を心配しうろたえるルル、そんなルルに閃かせたのはC.C.の友達に頼ると言うこと。

止むを得ずスザクに電話するルルだが、スザクはとっても嫌な受け応え。来週で会う約束までさせられましたとさ。



C.C.は引き続き臆病奴隷少女モード、新鮮なのでエラクカワイイ。

カレンはガラスの中のお姫様状態が続き(トイレはどうなってるのだろうとか考えない考えない)。

ミレイはキャラを間違え。

ニーナは出てくるな!



…ヴィレッタって、どうなった?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第15話】

2008/07/21 07:40
C.C.がスキルアップ?ご主人様プレイが可能に。

皇帝によって空中宮殿時空?に連れ込まれたルル。
そこで皇帝とのサシの勝負となる。ルルがギアスによる「死ね」の先制攻撃をかけるものの皇帝はV.V.から不死の能力を奪っており無敵状態で死んだ振りはしてくれても死んでくれない。

絶望に打ちひしがれるルルに対し、皇帝はさらに得体の知れない噛み合っていない歯車時空へと飛ばしもうわやくちゃ。
仮面が出てきてルルを口撃し、皇帝も現れいぢめてる所にC.C.まで出てきてルルに三行半。

C.C.の契約条件は死ぬことと判明。そしてC.C.はルルをC.C.の記憶を見せる。
そこでギアスの付与と不死の継承をC.C.はルルに見せる、過去C.C.のガイド付で。
死を恐れていたC.C.はC.C.の前任者?であるシスターと契約、愛されるギアス能力を手にする。
しかし、愛されまくった事で本当の愛が解らなくなったしまう。そして、一定のギアス能力を満たしたC.C.は信じていたシスターの「残念でしたあなただまされちゃったのと」言われ今の能力(身代わりによる能力の継承)を得るに至る。

過去C.C.はそれを見せた後、「よっぽど大事な人なのかしら」とかルルに「ココに送って来たということは一時でも一時でも何かから守ろうとしたんだろうと思うけれど」と言われ、ハッとするルル。
愛の力?で今まさにC.C.にピリオドを打とうとする皇帝の下に舞い戻り。諦めるC.C.にルルは「必ず俺が笑わせてやる」などほぼ愛の告白をしてC.C.を取り戻す。

空中宮殿を破壊し元の場所に戻るが、C.C.哀れな羊状態でご主人様お助けくださいモードに、エラクカワイイC.C>に



一方、囚われのカレンは、スザクによってリフレインを打たれそうになるが、スザクが自己完結(ルルのように人を言いなりになんてしないんだからね)し難を逃れる。

ヴィレッタと扇は中国で再会するものの咲世子の介入で上手くいきそう。

ニーナ、シュナイゼルコンビはトンでもないものを作った模様?


なんか、今回は切羽詰って説明で綴られた話だったような…

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第14話】

2008/07/13 19:34
結局シャーリーを殺した犯人に捻りはなかった

ロロ本人が自ら褒めてよ状態で白状。内心煮えたぎるルルだがその場は褒めてやり過ごす。

本来教団を利用しようとしていたルルだが、シャーリーの死によって対処を変更。黒の騎士団を以って殲滅という行動に出る。

ジェレミーの回線を使いV.V.と通信し。会話中の隙を突いて黒の騎士団を突入させることに成功。教団員やら研究員っぽいのまで大人子供関係なく殲滅を行う、最も気を抜けばギアス能力を持つ子供がギアスで反撃してくるので躊躇ったら負けだ。

この戦いで生きながられていたバトレーも死亡。

研究成果を逃すためV.V.が出撃してくるが、コーネリアの加勢?もあり撃墜。
死なないV.V.を捜索するが皇帝が出現し、蜃気楼ごとルルは空の宮殿?に。


とにかく展開?が激しく息をつけない、楽しいが意味が不明ってかどうにでもして状態な展開が続く。

スザクはカレンにリフレインをうちゃうのか?先週のロロが殺したと思わせて実は違うが通用せず素でロロが犯人だったので十分ありえる。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 20 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第13話】

2008/07/06 21:20
エエエエエェェェェ
と言う驚き?悲しみ?が今回です、まあ過去にユフィを惜しげもなく葬ったこの作品ですから、誰が死んでもおかしくはないのですが…

シャーリーをココで死なせてしまうとは、非常にやるせない想いです。これで他の女性キャラにも死亡フラグが立った気がしてなりません。


オレンジの新能力ギアスキャンセラーによって、全てを思い出してしまったシャーリー。夢にうなされ、拠り所すら失い。ミレイの卒業イベントによりルルと恋人になれて幸福の絶頂だったのがどん底だ。

当たり障りのなさそうなスザクに相談しようとするが、都合悪くルルが現れてしまう。混乱するシャーリーはビルの屋上から飛び降りたりと末期症状。

一方アッシュフォード学園にオレンジが現れ、ルルを探してロロや咲世子と対決することに。
ロロのギアスもオレンジには通じず(止まっているのに解除が可能とは疑問が残るが)、止まったと思い突っ込んだ咲世子がバッサリ切られてしまう。
ロロも組み敷かれ絶対絶命のところ、ヴィレッタがオレンジをルルの居るところに誘導し難をのがれる。

この報を聞いたルルは、シャーリー、スザクと別れ、対オレンジ戦へと突入するが、スザクにより警備に預けられたシャーリーが、やっぱりルルが好きを再認識、現状へと特攻してしまう。

そしてルルの下へと駆けつけたロロと遭遇。ロロにルルの仲間になる宣言をするが、ナナリーの名を口にしたためにロロの逆鱗に触れる?

ルル対オレンジは、ルルがオレンジを罠の場所へと引き付けることができ、未だにマリアンヌに忠誠を抱くオレンジと和解?仲間化させることに成功。

しかし、その後ルルは胸に穴を穿たれ、血の中に横たわるシャーリーを目にすることとなる。

シャーリーは記憶を取り戻して尚もルルが好きであることを告げ戻らぬ人となってしまう。


にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第12話】

2008/06/30 09:43
やってくれました咲世子さん。

僅か数日とは言え咲世子に身代わりを任せ日本を離れていたルルを仰天させる所業。ルルの所業を勝手に解釈、シャーリーへのキスや108件のデート約束。

結構長い付合いだったのではと思うが、そう言う目で見られていたと言う事らしい。C.C.の件もあるしね。

そんなカオス状態に、単位の取れた留年中のミレイが卒業となるらしく、卒業イベント『キューピッドの日』をぶちあげる。

ルールは全員が帽子を着用、目的の相手の帽子を奪い被ると、生徒会長命令で強制的に恋人にされるという、色々と人権を無視したゲームだ。

これはミレイ嬢のルルへの最後の思慕を賭けたものでもあるらしい。

一応、ルルはこのイベントを使って、咲世子が作り出した女まみれな現状を清算しようと試みる。ヴィレッタに帽子を奪って貰おうと言うのだ。

ルルは女の子から逃げ回るために開始早々ロロのギアスで姿を消し、入れ替わったくの一咲世子さんにその身体能力の全てを使って逃げ回ってもらう(指示の効かない天然咲世子さんはルルの想像を凌駕した動きをしていたが)。

まま計画通りなのだが、アーニャがモルドレッドを繰り出すと言う一般常識に欠けた行動に出たため破綻。モルドレッドの手からシャーリーを救うためルルが抱きついてクンズホグレツ階段を転げ落ちて、シャーリーとゴールインすることとなる。

最後の賭けに敗れたミレイは、ロイドとの婚約を破棄。最も無責任な職業気象予報士?に。

幸せ絶頂?のシャーリーですが、その後オレンジが出てきてギアスキャンセラーなるもので記憶を取り戻してしまいます。どうもシャーリーを突き落とすのが好きみたいだな制作は。


こんなことやっててホントに収拾つくのかコノ話、まさかR3とかR4とか続ける事を目論んでシリーズ構成してないよな?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第11話】

2008/06/22 20:18
なんかイロイロカオスでけど
学園ルルはやっぱり咲世子…なんともヒネリが無かった。

それ以外にも今週は予測の付く話展開。めずらしいちゃめずらい
中華連邦の宦官は薄汚い売国奴っぷりをゼロによりテレビ放送され。国中で暴動、シュナイゼルに見切りをつけられてしまうし。

星刻と天子はゼロにコロッと騙され陣営に引き入れられる。

ジノとアーニャの転校は、学園物を続けるならあるだろうと…思ってた。


カレンが緊縛されて連れて行かれるのと、シャーリーと咲世子のキス、C.C.のなまめかしヒップは予想外と言った感じ。

ナイトメアの俺Tueeeはもうどうでもいいっす。


にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第10話】

2008/06/15 19:15
星刻が引き起こしたクーデターに乗じて、まんまと花嫁泥棒に成功したゼロだが…
クーデターを起こした星刻が、天子を奪ったゼロ憎さに中華連邦の手先となって立ち塞がる。

って、ありえないだろそれって。

で、この星刻。非常にスペックが高く戦略はルルを上回り…天子をゼロに奪われる失態、クーデターが失敗、宦官にゼロと共に葬られようとするなど抜けているが…戦闘力はスザク並と言う万能選手。短命そうな設定など人気狙いも甚だしい。

そんな奴が強力なナイトメアに乗って来たものだから、カレンは捕まるは、軍団は策に嵌ってやられるはで敗走することに…つまりボロ負け。

そして援軍の無い篭城戦に突入する事になってしまう。

もっとも星刻も、宦官の引き入れたブリタニアの介入で似たような運命に。

で、学園にいるルルは誰なのよ。予想的には咲世子だが…ロロが時間を止めながら分身していると言うのも捨てがたい。



この頃の何でもありな作風がちょっと気に障るようになってきた。ピンチになっても後付の設定でどうとでもできるのはズル過で、一緒に考えると言う楽しみも欲しいところだ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 22 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第9話】

2008/06/08 18:24
執事通信な「ブハハハハ」と、ろり争奪戦が印象的な回でした?

取り敢えず天子様が女の子だとは今話を見るまで解らなかった、男の子で神楽耶を狙っているものかと思っておりました。すみません。

で、話のほうは…
海を渡って中華連邦に辿り着いた黒の騎士団、中華連邦から出島?を与えられるが、ゼロの思惑よりブリタニアの動きが早く、天子様とブリタニアのロリコン、オデュッセウス皇子との間での縁談が持ち上がり、早くも中華連邦からブリタニアへのご祝儀と化す黒の騎士団。

ゼロも驚き憤慨するが、それ以上に中華連邦のロリコン星刻が大憤慨、天子を取られてなるものかとクーデターを起こしてしまう。

天子とオデュッセウスの結婚式?に突入する星刻とクーデター部隊。その混乱に乗じて天子を人質に取るゼロ…何がしたいんだか…

尚、結婚式の前日?には披露宴?があって、中華連邦やブリタニア関係者が列席する中、呼ばれても居ないのに神楽耶にくっついてゼロが登場。騒然とする会場だがシュナイゼルの取り成しで落ちつくが、ゼロがスザクを賭けてシュナイゼルにチェス勝負を申し込む。
手詰まりのなか、取ってみろとゼロのキングの前にキングを進めるシュナイゼル。ゼロは取らせてもらう状況を由とせず逃げてしまう。シュナイゼルはブリ父なら取ったろうと、ゼロの正体を知ってる物言いをする。コノ場はナイフを持ったニーナが乱入してきてお流れに…という話もあった。
コノ兄が出るとルルは子供扱いになってしまうな。

ところでロロって学園に残ってるんですか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 20 / コメント 0


コードギアス祭り?

2008/06/01 17:27
やっぱり、総集編にすらならない、単なる罰ゲームでした?

サンライズすら制作が間にあわなかったってコト?

この時間帯に移って、???な話が展開された、一見さんお断り状態だったんだから、どうせならキチンと一期のおさらいと、二期の補足をする内容にすれば良いのにと…心から思った。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第8話】

2008/05/25 19:58
取り敢えず…来週はイラネ

行政特区日本への参加を表明したゼロ、真意は何かと思ったら、配下を連れての国外逃亡でしたか。

第一期のように拠点を持てず、組織運営に関する体制も整わない上体の上、新総督になったナナリーとぶつからないためにはもっともな策でした。

とは言え、その策は行政特区に日本人を参加させる代わりに自分を国外追放にしろと言う条件を、ブリタニア側に認めさせ。
ゼロ=国外追放の図式を作り、行政特区日本に参加した全員をゼロに扮させる事で合法的(ロイド曰く)に出て行くという代物。
アニメならではの面白さ爆発ですな。スザクはもとよりナナリーの責任問題もあってしかるべき状況だよな。

しかし、ルルもコレで日本を出てしまうわけだし、学園物は完全にお仕舞いって事になってしまうのでしょうか。もっともダラダラ学園物を続けて本筋が終了しないなんて言う事態は嫌な訳ですが…シャーリーとミレイの終了は寂しい限りです。ニーナはイラネ


しかし、ゼロからの通信で、セシルさんの格好はなんだったんでしょうか?ゼロに見せるため?先週はギルフォードと一緒だったのに…



無数のゼロ登場シーンにて初代TVルパン三世を思い出しちゃったのは秘密です。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2【第7話】

2008/05/18 18:32
先週、ゼロの目の前でナナリーとスザクが手を取り合って去っていった事で寝込んでしまうルル、見守るのはロロ雑巾。

ナナリーが行政特区日本を立ち上げる事。嫌な敵(スザク)だがそれだけにナナリーの安全が確保されている事で、ブリタニア打倒と言う目標を失い、ルルは自暴自棄になってしまう。

リフレインに手を染めようとしたり、連絡が取れず探しにきたカレンに対して慰めろとせまったりしちゃいます。
神楽耶やC.C.なら、どんと来いで受け入れてくれた気もするが、見た目と徒違って初心なカレンは拒否して走り去ってしまう。
カレンの後にロロが優しい言葉で現われ、アッチ系に転んだかと思わせるというネタ投入?

ロロに慰められ?学園に戻ると、皆は修学旅行に行ってモヌケ状態。

誰も居ない学園で今の俺にはお似合いと自嘲するルルだが、突然の大型花火。屋上に行ってみると生徒会の面々。ルルを慕う者たちにふれ涙を浮かべ、優しい世界を思い出し自らを取り戻す。

ルルが落ち込みゼロと連絡が取れない黒の騎士団は、潜水艦を隠した偽装タンカーで日本近海を航行していたところをスザク率いる大艦隊に襲われてしまう。

過剰な攻撃を前に風前の灯火。しかし復活したゼロが追申がとれ、ゼロの指示により魚雷でメタンハイドレート施設を破壊し、泡により大艦隊を壊滅させる。久しぶりの大勝利だ。

そして、一兵卒が指揮をした結果の大失態より、ただ単に驚くスザクの前に現われるゼロ。

ゼロは行政特区日本への参加を宣言する。


C.C.の独り言の相手はマリアンヌ?会話の印象からするとおしとやかな人でもなさそう?

神楽耶の新妻宣言。C.C.とカレンの愛人関係には肝要みたいでございます、手に手を取り合って三人姦・女?

まあ、それは置いておいて、「引かぬ・媚びぬ・顧みぬ」が魅力のゼロにおいて、序盤のココで欝話を持ってきてくれた(しかも一話だけ)のは嬉しい、これで最後まで揺るがずに行ってくれるに違いない。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 22 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

美しい夢想家-BeautifulDreamer-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる