テーマ:ヒロイック・エイジ

ヒロイック・エイジ【第26話】

壮大なテーマの作品が最終回を迎えた・・・壮大さといった意味では天元突破の方が上かもしれないが・・・ 扉となったユティにエイジが突っ込んで、破った先に別の宇宙が広がった。 銀の種族は黄金の種族に捨てられていなかったと大喜び、鉄の種族にへドロンの盾に青銅の種族使用権を与えて、黄金の種族を追ってさっさと外宇宙に行ってしまう。 尚、ユ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第25話】

エイジ、メヒタカ、カルキノス、レクティが、ロム・ローによって狂乱させられたユティに4人掛かりでいぢめる? ちなみにロム・ローはどう考えても銀の種族失格。 4人掛かりとは言えユティのケルビウスは強すぎ、エイジ連合は劣勢を強いられる。 その戦いの中でアルテミアは鏡のような盾の力に目覚め、それを見たレクティは、エルマントスの本当…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第24話】

執拗なパエトーのストーカー行為にさらされるディアネイラ、あわやパエトーの魔の手に落ちそうになったとき暗い部屋から出てきた、エイジ、メヒタカ、カルキノス、レティに救われ逃げる事に成功する。 恐ろしいのは、ストーカーの家にエイジ、メヒタカ、カルキノス、レティが乗り込み住み着いてしまうと言う事実。 ストーカーの手を逃れたディアネイラは…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第23話】

カルキノスを失い、悶え苦しむユティを水槽に入れ悦に浸るロム・ローが印象的。 先週、ユティによって何も無い空間に閉じ込められたエイジ、レクティ、メヒタカ、死んだ筈のカルキノス。レクティはエルマントスの作る空間でメヒタカと細々と暮らしていたが、エイジが天井から闖入、次いでレルネーアの力で復活したカルキノス狭い空間に揃う事となる。 …
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第22話】

空想と妄想を語り合う、黄金の種族無では寂しくて死んじゃう銀の種族と鉄の種族のトップ会談は、ディアネイラが黄金の種族の発生地を歴訪する事で纏まり。壊滅寸前の鉄の種族艦隊への攻撃も中断される事となる。 但し、ロム・ロー一派はそれを受け入れず、鉄の種族根絶やしを目的として行動する。 それがAパートで、Bパートはノドス戦。 メ…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第21話】

鉄の種族艦隊は、旗艦壊滅し各艦隊も銀の種族の大攻勢を受け壊走。辺境を進んでいたため唯一難を逃れたアルゴノートは、ディアネイラの導きに従い銀の種族発祥の地コドモスへと向かう。 コドモスではプロメ・オーが待っており、ディアネイラはイオラオスを伴い会見に赴く。会談内容は相互理解と、ノドス契約の矛盾、黄金の種族の意思などが話し合われ。この…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第20話】

銀の種族の最終兵器ユティ出撃、身長の2倍有る髪の長さは伊達ではなく胸の薄さを補って余りある技、加重力砲?を乱射する。 鉄の種族旗艦艦隊の前に立ち塞がったユティは、その力を以って襲い掛かる。その攻撃はオペレーター曰く初弾から10分で全滅との事。 辺境でパエトーと争っていたアルゴノートとエイジだが、ディアネイラの願いでエイジが旗…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第19話】

相手の戦力も習性も解らず、自らの戦力を頼りにターミナルプラネットを落しつつ進攻を続ける鉄の種族。 銀の種族の発祥星コドムスの攻略を命じられたアルゴノートは単艦で向かい、途中?何処ぞの星を地上偵察、原住民以外居ない事で危機感を覚え、やっと銀の種族の性質について論じ始める。 しかし、時既に遅く、敵陣深く進攻していた鉄の種族旗艦艦…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第18話】

青銅の種族の本星に攻撃を仕掛けた鉄の種族艦隊、遂に青銅の種族の本星を遂に掌握する。 今週は艦隊戦と地上戦が全て、青銅の種族の本星とは言え、既に主戦力は様々な地に散り、幼体を育てる地でしかなくなっていたため、銀の種族も援軍に現れることもなく、鉄の種族の損害を考えない猛進で一気に本星を陥落させる。 冒頭の艦隊損耗率が2%とか言っ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第17話】

万国ビックリショーを披露するメヒタカ。 恥かしい兄っぷりを披露するディアネイラの兄。 アルゴノートに住み着いたメヒタカは、生きている物は食べられないそうで金属などをバリバリと食す、植物や生物と違い補充出来ない物を食べるのは資源枯渇どころか星すらやばそうな気がする、こんな生き物の居る星は虫食い状態に違いない。 バカ兄貴は、タ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第16話】

ノドスの狂乱のどさくさで地球を手に入れたらしい鉄の種族、時間的な問題か地球に木星爆発の影響は無いようだ。 更迭したバカ兄貴も、戦中でなければ当然復権し実権を取り戻す、だが艦長の根回しで張子の虎状態、実はディアネイラの元に集中する。 先週までの戦いで傷つきアルゴノートに回収された、エイジとメヒタカも順に目覚め、エイジはディアネ…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第15話】

レクティのインチキ攻撃で狂乱したエイジが、赤くなって暴れまわっております。 しかもエイジの狂乱は超新星爆発ほどのエネルギーを後200時間ほどで発生させ、太陽系を消し飛ばすそうな。 その事に先週と同じく頭を抱えるニルバール・・・この人本当に能力あるのか?・・・だが、アルゴノートを旗艦とする大艦隊が到着、ディアネイラがエイジを引き受…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第14話】

鉄の種族対銀の種族の戦闘継続中。 レクティを悶絶させたエイジは、見境がなくなり大暴れ(カルキノスやる気ナス)。 見かねたメヒタカは、鉄の種族を襲っているエイジの攻撃から助ける。 取り返しの付かない状況になってしまいニルバールは、タイミング逸したと猛省。 あくまでエイジのためにディアネイラが神輿になっちゃうよ宣言、…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第13話】

木星は崩壊、艦隊もダメージを受け再編成中の中、ただ黙々と(キャストロールにエイジがないくらい)ノドス戦を続けるエイジ。 相手はカルキノスとメクティで、カルキノスとの肉弾戦の最中にチョロチョロとメクティが時空流とか言う技でちょかいを掛けてくる・・・色々突っ込みどころの有る技だが、今回は面倒くさいので敢えて触れずにスルーしておきます。…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第12話】

何故か解らぬ、木星公転軌道上での艦隊展開・・・なんでそんな所で??? そして戦術無きガチンコ艦隊戦・・・戦略目的を示して頂かないと、艦隊戦など偶発戦闘以外では受け入れられませぬ。 あまつさえ、イオを衛星軌道上から木星に落下させての、木星太陽化・・・この程度で太陽化していたら、既に木星は太陽になっているか消滅してそうな気がする…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第11話】

エイジがディアネイラの下を去り、バカ兄貴にエイジを寝取られたと傷心するディアネイラ。 天下分け目の戦いに乗り出したバカ兄貴は、星々に同調を呼びかけ簒奪を繰り返す・・・その後で星々を謝ってまわるディアネイラ。 ニルバールや艦長の暗躍で神輿にされそうになっている、ディアネイラ。 落書きエイジに、光として描かれ導くものと言わ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第10話】

エイジがディアネイラを泣かせた! ユティはカルキノスにツンデレる。 そして人類は何処まで行っても愚かだった。 人類の母星に着いたアルゴノートクルー御一行。 ディアネイラとエイジは鋭気を養う為、バカンス状態。 別の所ではディアネイラの兄が、ノドス捕獲に浮き足立って、銀の種族との全面戦争を煽り、且つノドスをダシに地位確立と…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第9話】

Aパートは先週の続きで戦闘シーン、エイジとカルキノスの戦闘はエイジの勝利で終結し、その煽りをくって鉄の種族艦隊対メヒタカもメヒタカがカルキノスの元に向かい終息。 アルゴノートは、ただただトンズラ・・・ Bパートは、エイジも連れずに母星へ向うアルゴノート、それに付き従い任務地を離れた艦隊が、色々無意味だった~と呟き続けて600時間…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第8話】

アルゴノートへの協力を表明した辺境の地球艦隊は、1匹見かけたら30匹法で900匹、27000匹と湧く青銅の種族と交戦する。 虫相手には相応の戦果を上げたものの、ユティに追い詰められたメヒタカが参戦し、艦隊が背後にしていた惑星を割られたため、その余波で壊滅・・・ その影でアルゴノートはコソコソ脱出を目論むがパエトーの銀の種族に…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第7話】

先週の続きで銀の種族側(ノドス×2・青銅の種族無尽蔵)との戦闘が繰り広げられる・・・それはもう永遠と。 で、カルキノスとエイジがイチャイチャしている隙に、ユティに追い詰められたメヒタカが嫉妬玉を発射しアルゴノートを襲う。 それに気づいたエイジが、自分の表面積より大きいエネルギーの束を身を挺して受け止める・・・DBの悪しき慣習がコ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第6話】

ティターロスではなんとか補給を受けられたものの、他の星からはやんわりと断られてしまうアルゴノート。 スターウェイの使用も断念(想像のついていた話の流れw)、困窮した状態だが、アルゴノートクルーはディアネイラの言葉で士気を上げ立ち向かおうとする・・・潤沢な状況で無くなった時にどうなるんだかね。 一方銀の種族側のノドス達、どうや…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第5話】

アルゴノートが補給に立ち寄ったために、ティターロスを巻き込んだ衛星軌道上での戦闘が始まってしまう。 エイジはエイジで、銀の種族側のノドスと地上及び宇宙空間での喧嘩を繰り広げる。 一応エイジの力で、敵の攻勢を退けることに成功する? 軌道ステーションから逃げ出したアルゴノートが重力アシストで増速しようとするが・・・あの高度から…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第4話】

補給のためティターロスという中立惑星(軌道ステーション?)に立ち寄る。 それにあたって色々な面で問題があるエイジの取り扱に苦慮し、ディアネイラも大人しくしてろだの艦外に出てろなど、かなり扱いが酷い。 今週の問題は、エイジ以外の4人の英雄の種族が銀の種族に加担しており、その中の一人カルキノスがエイジに接触をしてくる。 お父さんに…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第3話】

冒頭のナレーションで追加の設定が語られた・・・相変わらず右から左に出て行く設定だが、黄金の種族が酷い連中と言うことは解った。 本編に入ると、ディアネイラが人類殲滅を目論む銀の種族とその手下青銅の種族によって、人類は生存権を奪われ続けられているとエイジに説明。 エイジは画像に一生懸命で聞いていたのか不明w 飽きたエイジはテイ…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第2話】

見つけた猿(エイプジ)を宇宙船に連れ込んだは良いが、猿は数字も解らなければマナーも無い。 艦内で放置しておくと、青銅の虫が襲って来たために宇宙船の外郭を素手で破り、宇宙空間へ出てハクオロ化して戦ってしまう。 虫を倒すと、目の前にコウイチ(銀の種族)が・・・ 最近では生身で宇宙空間を闊歩するのが当たり前になってきたが・・・T…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

ヒロイック・エイジ【第1話】

半年前の印象が強すぎて、個人的に平井=銀色のオリンシスになってしまった後の平井キャラデザ作品。 良くわからん世界観設定で冒頭は金銀パールのモノローグで始まり。 宇宙を航行する連中が、テアのようなディアネイラに指示され荒廃した星に向かう、その星では野人が、おかあさんと呼ぶメインコンピュータを要する廃船に住んでいた。 ディ…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more