テーマ:機神大戦ギガンティック・フォーミュラ

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第26話】

世界をリセットして創り直そうとする、神っぽいオニクス十式。人類は風前の灯で、スサノヲ十式に希望が託される? で、最終回らしくスサノヲ十式がアルゴスの百目を使って、各国のギガンティックをオニクス十式と神名に見せて盛り上がり・・・ってかモニターで戦いを見守る人にも見えてる? 幻覚と見破る神名とオニクス十式だが、時間が無いのかスサ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第25話】

UNに10番目に登録された日本の正式ギガンティックであるオニクス十式が、スサノヲ十式とジュピター2の戦闘の最中に乱入してジュピター2を破壊。何しに出て来たかと思えば、どうやら設定を語りに来てくれたようだ。 オニクス十式に操られた眞人や神名が語った事は、オニクス十式はジュピター2が作り出したスサノヲ十式に似せたジュピター2のコピーで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第24話】

アメリカ対日本戦が継続中。 出来レースであった筈の戦いが、ザイオンの暴走や日本の内輪揉めのせいで予断を許さぬ展開に発展。 ギガンティック自体も圧倒的有利であったアメリカのジュピター2であったが、スサノヲもキメラ化してスペックアップ。ジュピター2のマントを引っぺがす程度まで強くなる。 しかし、有利なシーンで気勢を上げて使…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第23話】

先週基地を軍部に占拠され、楽市の援助もあって、なんとかスサノヲに辿り付いた慎吾と真名だが、未だ基地が占拠されたままで出撃がままならない。 しかも軍部は、基地関係者の家族の生命を盾にしたり、基地に毒ガスを流そうとしたり悪逆の限りを尽くそうとする始末。 だが、忍者部隊や拳法の達人が活躍し、占拠していた軍を排除、基地の機能を取り戻…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第22話】

日本の軍上層部が遂に動き出す。 アメリカとの密約で、日本が敗北する事に決まっている出来レースである事を明かし、ギガンティック基地を掌握。スサノヲはアメリカとの戦闘で戦えなくするように武装まで解除してしまう。 ・・・と言う話でした・・・ 一応、軍に拘束された慎吾と真名が、楽市の助けでスサノヲに辿り着いたので、来週は非武装なが…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第21話】

既に感応で覗く相手も居なくなったので、身の回りの話になってしまった。 基地は軍が送り込んできた参謀一派が牛耳って息苦しくなり。 真名が慎吾の事を慎吾君と呼ぶようになったものの、21話にして男女間の親密度は別段何も変わらず。 ロシアパイロットは日本の基地内でお休み中。 慎吾はおしゃべりで、大事な事は何も話せない最低…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第20話】

米、露、日と残り3カ国となった戦い、延び延びになっていた日露戦争は、日本の遠征戦かと思ったら、相手が先にやってきた。 明日露へ攻め込もうかという時に、戦いもせずに感応なんて事をしていたため慎吾と真名はヘロヘロで休養を取らされる。 露侵攻は自殺行為と慎吾以外は理解しているらしく、慎吾は、友人伊藤に気を使われて真名の写真集アルバ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第19話】

ロシアが日本を相手にせずに、先週ベネズエラに勝ったインドに戦いを仕掛ける。 インドのギガンティックは、顔どころかふたつの胸の膨らみに危ない物を仕込んでいるらしく、そのエネルギーは地球の消費エネルギーを賄え、下手に壊すとその周辺に危険が伴うというアンタチャブルな代物らしい。 だけどロシアは精神攻撃で、インドにオウンゴールさせて…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第18話】

ベネズエラ対インド戦。 後付で共鳴感応するほうが勝つという法則の通り、怪しい占い師17歳とコナンがパイロットのインドが勝利しました。 何時ものパイロットエピソードは、17歳に慎吾や真名を感ずかれてしまった事の方に時間が割かれ、17歳はなんでも知っているみたいなシーンがあっただけと、少なめ・・・というかネタ切れっぽい感じ。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第17話】

今週はベネズエラ(インドに向かう洋上)でした。 搭乗員は親娘で、娘が病気の父の下に居なかった母を恨んでいたが、その原因が軍に有った事を理解し確執が解けると言う話でした・・・ベネズエラは以上。 日本側の進展は慎吾とうっちぃが寝起きを共にし、それを真名が陰から見て意味深な表情を浮かたくらいか?・・・上層部の思惑や指令の兄の昔話な…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第16話】

今週はギガンティックの数も減ってきたところで、ピーピングはお休み、身内ネタに。 ヘロヘロ慎吾は置いといて、真名が昔話。 以前のパイロットとトランスレーターをご紹介、前のパイロットを真名が好きだった事、その時の真名はトランスレーターに選ばれず妹にその役も男も取られたことが語られた。 大事な処では、慎吾が他のパイロットと異なり…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第15話】

巨神ゴーグを所有するアメリカが、先週イタリアに勝ったドイツを攻撃。 グレートマジンガーの技を持つ巨神ゴーグが、司令部の支援を絶たれたドイツのギガンティックを一蹴し終了。 ・・・以上 ちなみに戦場提供されたベルギーに、巨神ゴーグと共に向ったアメリカ軍の大規模護衛部隊は何処にいったんでしょうかね?何時もなら無駄に消費するの…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第14話】

今週の日本の卑怯な真似の対象はドイツ。 情報を制する者が勝つと解っていても見ていて気持ちの良い作戦ではない。 それは置いといて、ドイツのギガンティック搭乗者は、ドイツの人工天才計画で生み出された少年と15歳にして胸の無いマニアックな少女、ミハイルとエレナ。 ミハイルはギガンティックによる侵食を受けており、同様の症状を持つ慎…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第13話】

戦わずに疲弊していく日本、今週もそれを促進させる感応装置でイタリアを覗き見る・・・ イタリアのパイロットは子供と子供に言えない職歴を持つ聖女様。 子供はがめついが、それは家族?や貧困層に食料を配給する為の行為であった、以上。 フランスとイギリスのギガンティックを屠った事件は、軍上層部に騙されスペインから長距離攻撃でフラ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第12話】

Aパートは慎吾をモルモットにした総集編、Bパートは真名の回想で設定の再説明・・・相変わらず設定は何度聞いても説得力がなく、作品世界観に引き込まれない・・・ 新作カットは慎吾と真名の出会う前が描かれたくらいが目立った点、あとは真名がセントラルドグマに降りた点くらいかな。 ・・・感想の書きようが無いな・・・ なんちゅうか今…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第11話】

え~~~今更ロシアとの対決ですか・・・ しかも、中途半端な・・・ さんざん他国のギガンティックを覗き見た挙句、怪我はするし、精神的にも傷を負うし、あまつさえキモ慎吾はスサノヲとのシンクロがままならなくなった、愚かな日本・・・ そこにロシアが停戦を解いて日本海を渡って攻め込んでくる(この侵攻方法だとヨーロッパの連中はどうやっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第10話】

もうず~~~~~とスサノヲは戦っておりません。 今週はロシアとエジプトの戦い、エジプトの火力は半端じゃないが、遠距離(先週禁止された非常識な距離でなく)で攻撃すれば良いものを、近距離でやるものだからロシアの精神攻撃を受けてボロ負け・・・ そして覗き見をしている日本は、とんと戦いもしていないのにパイロットが傷ついていく・・・も…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第9話】

今週はフランスへの覗き行為、紳士的な戦いどころか薄汚さを感じるぞ、日本共和国。 フランスのギガンティック搭乗者は義理の兄妹で血の繋がり有り・・・あれ? 妹シルヴィアは父の再婚相手に反感を持ち親子共々に辛く当たっていたが、再婚相手が死んだ時、父と母と再婚相手の男女間の経緯を聞き兄と和解。 当然、以後は両思いの仲と相成る(…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第8話】

今週はイギリスへ旅行の真名。キモ慎吾は頑張りすぎでダウンして一回休み状態。 イギリスのパイロットは没落貴族のお姫様、トランスレータは無限能力を有さなければ就けないと言う(元)執事。 この元執事、某主に分をわきまえない進言をしたために、奥さんは殺されるし、その罪や架空の濡れ衣を着せられ懲役刑を喰らったと言う経緯の持ち主。 進…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第7話】

先週に引き続き共鳴感応システムで他国の戦闘をピーピング、真名が先週見たギリシアの相手、エジプトが今週のターゲットとなる。 そっちの話は、僻み男イーサーにネチネチ苛められる慈善家のマリアムという図柄を、戦闘中も繰り返し続けるが、街ごとケイロン五世の攻撃を受けている中でマリアムは純粋な慈善と言う事に気づき?心合わせて、先週クリスティを…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第6話】

卯兎美の作った共鳴感応システムを使用した模擬戦を行うと、真名がギリシアに猿見学に行ってしまう。 以上。 主人公がキモイため、ネタを膨らませ無いので他国のパイロットに焦点があったった感じ。とは言えだからどうしたの?みたいな内容で30分潰された。 それはさて置き、戦闘に関しては一回ちゃんとした説明を受けたい気がする、何で通常兵…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第5話】

ロシアとの戦闘で、真名はトラウマ、慎吾は空回りのおおはしゃぎ・・・ 見かねた李夫婦がキャンプへと誘うが、それは敵工作員誘き出しの作戦で、カウンターチーム(忍者)が出現し敵工作員をなぎ払う。 ついでで真名が忍者だと判明。 卯兎美は共鳴感応システム作り、真名にテストさせるが、スサノオが慎吾の姿で現れたため、忘れたい気持ちか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第4話】

ゆるゆるの運用基地関係者と輪を掛けて緊張感の無い主人公。 今週はロシアの嫉妬の神様との戦闘、作品全体にゲーム感覚が強すぎて緊張感が無い。 ロシアのギガンティックは、精神攻撃を仕掛けてきて真名を恐慌させ戦闘不能に追い込み、慎吾が役立たずなため真名が自分の分もギガンティックとの同調を上げていることで無理させたと思い至り、自分の同調を…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第3話】

先週玄武神を下し中央国の協力を得ることになった日本共和国。 玄武神のパイロット李夫婦の助力で、シュミレーターで模擬戦を繰り返す。 しかし、李夫婦はともかく、他の中央国スタッフは協力のために来日しているにも関わらず、非協力的というより固まってヒソヒソ陰口をたたいてるっぽい。 そんな状態だったが李夫人が、中央国スタッフを嗜め意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第2話】

状況を顧みない搭乗拒否、そして理由にもならないような理由での意思変更・・・ この辺のくだりは形骸化しており無駄な部分のような気がしてきた・・・ 先週スサノオに搭乗、帽子とか羽とか中央人民共和国っぽくないデザインの玄武神を退けた慎吾。 スサノオの搭乗を請われるが搭乗を拒否・・・ 玄武神が再度襲来しシェルターへと退避するが、真名…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第1話】

オープニングのスタッフで後藤圭二が監督と知った。 内容は爽快感の無いカンダムバトル? 印象は・・・気持ち悪い、なんで門之園恵美キャラクター原案であんな絵になるんだ? かみちゅを100年ほっといて発酵させて間違えて腐らせた感じ・・・そのため口ぱくも合ってない・・・歩き方はASIMOより酷い・・・ キャラクター展開商品は諦めた作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more