テーマ:灼眼のシャナⅡ

灼眼のシャナII【第24話】

能動的なヘカテーは魅力が無いな。 で、遂に?最終回。 第二期の最後も変なものを創ろうとする教授の実験を阻止して終了…そんだけ。 一美に託されたフィレスの呼び鈴も使われることも無く… 一応シャナと一美の悠二ハイハイゲームはシャナの下へ行った風な終わり方で。 まあ、先が見えてて盛り上がりも感動も無い最終話云々より、…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第23話】

最近主人公かのように調子に乗っていた悠二。ヘカテーに零時迷子を取られてザマァ。 最終回間際なので出番を求めバルマスケ本体が動き出す。悠二の居た時計塔辺りを中心に東京ジュピターが構築され、駆けつけたシャナやヴィルヘルミナたちを足止めする。後に一美が現われヨハンの声がしたと言い、悠二から零時迷子が抜き取られたことを伝える。 佐藤…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第22話】

魅力のないドーデモ良いキャラのサブラク。先週倒したかと思ったらのうのうと生きてました。 単純に悠二をヨイショするためだけの立ち回りだったんですね。 そんな背景は置いておいて株の上がった悠二。アラストールもシャナが悠二の子供作りをしようが黙認状態となり。遂にシャナは一美との恋の決着をつけようとする。 シャナと一美は同時に恋文…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第21話】

単身イエガーを倒滅し、バンデラーの存在に気づいたのみならず、殺し屋サブラクの正体を看破、あまつさえ撃退の策まで…坂井悠二、零時迷子のミステス、何時の間にかくも大きな存在となっていたのか…とアラストールに認めさせてしまう悠二。だが、単にフレイムヘイズの役立たずさ加減が露見してきただけのような気がするんですが… 戦ってナンボの作品のく…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第20話】

ザロービとバンデラーを倒したのも束の間、壊刃サブラクが登場。初撃をもってシャナとマージョリーを戦闘不可に陥れる。戦えるのは手の内を知っていたヴィルヘルミナのみ。 ヴィルヘルミナ好きには堪らないヴィルヘルミナ尽くしの回。しかも血染めの包帯バージョン? とは言え、話はヴィルヘルミナが攻撃をサブラクに喰らわせ、倒せない~(ヴ)、昔倒し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第19話】

似つかわしくない言動と行動で一美とシャナにダメ出しを喰らい、あまつさえ呆けて徒ザロービに囲まれてしまった悠二。ヘタレキャラは大人しくヘタレておれと言う事だ。 存在感は薄いがポコポコ雁首そろえて現われたザロービ。御崎市の住民を人質に悠二を確保する。 このザロービ、フレイムヘイズが誰も気づいて居ないのだから、そのまま連れ去れば良…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第18話】

清秋祭で起こった数々の事を機に、危うい状況だと言うのを自覚した悠二。ってか今までも似たような経験してるのに毎回自覚したと言いながら自覚してなかったんだね。 そのため変な方向に意識が向き、危うい向上心で強さを求め始める。一番問題なのは胆力だと思うんだが… で、今週はマージョリーから自在式の手ほどきを受ける。 存在の力で炎…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第17話】

先週は一美にブルーが入り、今週は田中が話しを詰らなくすると言う、ダルダル話しが続いております。 だいたい、一美はアッチ系とコレ系担当だから許せるが、脇役も脇役たる田中にそんなにスポットをあてんでも・・・ マージョリーに真竹を一回殺されたため、生き返った姿を前にしてもギクシャク。 マージョリーへの強さへの憧れより、真竹との普通の…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第16話】

先週色々な設定を披露したため、今週は一回休み的な話の停滞。っていうかこのまま最終回付近のクライマックスまで停滞するんでは… 銀の発現、史菜の覚醒、ヘカテーの降臨、ヨーハンの出現、急転する事態はフィレスの帰還とアラストールのナレーションで始まった、そんな今週ですが何もありませんでした。 フィレスから宝具を貰っていた一美だが、効…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第15話】

わりと怒涛の展開? 虚弱フィレスに騙されて、まんまと悠二からヨーハンぶっこ抜きされそうになるが、祐次が腹からだした銀の腕で貫かれてしまうフィレス。 フレイムヘイズの3人は、悠二とフィレスの救出をしようとするが、とんと久しぶり(顔を出していたがフィレス&銀エピソードからハブられていた)の史菜が現われ、悠二の銀の腕を引っ込めさせ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第14話】

先週強者キャラとして出現したわりに、終わりでは病弱キャラになっていたフィレス。 病弱ならしょうがないと、今週は歩ける程度までエネルギーを注入してあげ、一美の希望でフィレスを清秋祭に連れ出すこととなる・・・なんだそりゃ? 一美としては、ヨーハンを恋する気持ちを持つフィレスには同じ女?として、自分の悠二に対する気持ちを汲み取ってもら…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第13話】

年末年始で2週間空いた今年最初のシャナ。昨年のダラダラした話からやっとアクション有りのシャナに戻った感じだが… 清秋祭に突如現われるフィレス。巻き起こした砂嵐の中心に悠二と二人っきりの世界を作り出す。 ヘビに睨まれたカエルよろしく、怯えきってしまい汗ダラダラ。終には意味も無く銀の封絶を張ってしまう。っていうかフレイムヘイズが3人…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第12話】

清秋祭が始まる。 商店街を怪異な格好で練り歩き、クレープ屋に、研究発表。さすが授業を潰し、男女の泊り込みOKで準備しただけの事はある出し物の量だ。学業の一環を超えていないかが心配だ。 しかし今週は先週のように色気やサービスシーンが無いが残念だ。 その影で進んでいた話が悠二の銀の封絶問題。 全てをヴィルヘルミナに一任して早…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第11話】

先週悠二の父と母にやっちゃえやっちゃえと煽り立てられ、悶々中のシャナと一美? それを引きずりつつ、なんと学園祭前は授業は無し、男女で泊り込みOKという無法な高校の学園祭準備が粛々と進められる。 まあ、学園祭準備は、 シャナと一美が、学園祭準備中の女子が発した「とどかない~」という言葉に、過敏に反応したり。 真竹が田中にメロメ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第10話】

悠二の通う高校では文化祭において、最寄商店街を仮装して練り歩くという意味不明の迷惑行為をするらしい。 悠二のクラスの仮装は、『ロミオとジュリエット』と『オズの魔法使い』。 悠二はロミオに決定し、ジュリエットはシャナと一美、史菜が抽選によって決定される。今回ジュリエット役を射止めたのは一美。しかし昔なら大喜びしたであろうこの役も、…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第9話】

マージョリーと新人フレイムヘイズユーリイの話の続き。 ユーリイの人のために戦うというのが気に入らなかっため、ユーリイを帰し、一人で穿徹の洞の元へと向かったマージョリー。 当然シュドナイが出てきて戦う事になる。シュドナイ相手に善戦したように思えたものの、不意を突かれて深手を負ってしまう。 未練がましく遠巻きに眺めていたユーリ…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第8話】

今週はシャナでも一美でも史菜でもなく、ましてや池でもないマージョリーの過去話。 悠二が力をつけ、どんどん遠い人になっていく事を感じた佐藤がマージョリーに泣きついてくる。 とっても今更間の強いこの佐藤の申し出に、マージョリーは死ぬよと告げ、ボソボソと昔話を始めてしまう、まあ、良くある酔っ払いのアレだ。 時は世界恐慌後のア…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第7話】

池…気持ち悪い。 池がお膳立てし、緻密な計画を立てた7話にしての遊園地イベント。 メンバーは池を含め、史菜、シャナ、一美、真竹、佐藤、田中に悠二の計8名。 池の目的は、全ての段取りを狂い無くこなし、観覧車で一美との2人っきりの甘い時間を過ごすという駄賃を得ること。 早速モーニングコールまでこなして、現地に正確な集合。…
トラックバック:13
コメント:2

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第6話】

今週も恋愛ドラマがメインが継続中…ってかそれだけ。 悠二と史菜が永遠とイチャイチャしているので、シャナと一美が相変わらず鬱屈したまま。 そこに学校の先生から“抜き打ちテストの予告”なるものがあり、真竹の提案で、佐藤宅にていつものメンバー+史菜で勉強会を行うことになる。 この場でも悠二と史菜はイチャイチャし、渋々参加した…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第5話】

今週はヴィルヘルミナがキャベツ料理を作った事位のしかストーリー上、先週からの進展は全くない? 史菜と悠二がイチャイチャするものだから、シャナと一美が終始ご機嫌斜め。 で、ご機嫌斜めなシャナの煽りを受けて、ヴィルヘルミナが料理の所為かと心を痛め、甲斐甲斐しくも千草に教えを請うてまでキャベツ料理を作る。出来合いやインスタント以外…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第4話】

デカ盛り天国恐るべし、デフォでその量は危険だろう金額面でも怖いわ特にカツ丼とか… 先週シャナが史菜に色んな事をして、最終的に史菜が血を流したことで、取り敢えず人間?て言う事に落ち着いた。しかし、人間であれば悠二に懐いてしまう史菜はシャナと一美にとって矛先をあらわにしづらいライバルとなる。 シャナと一美にとって先ず問題なのが悠…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第3話】

ヘカテと瓜二つ、中の人も一緒な近衛史菜の登場。 シャナと悠二が大慌て、シャナは咄嗟に封絶を張り確かめるのだが、一美がカムシンのアイテムで動きまわるが、史菜は停止してしまう。それを以って疑いは晴れぬものの確証がないため動向を見ることになる。 泳がせた史菜は何故か悠二になついてしまう。しかも行動がお姫様で、総て他人に面倒を見ても…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

灼眼のシャナII【第2話】

折角の少女形態だったメアが再登場ではピエロ・・・もっと空気を読んで欲しい気が・・・ まだまだ導入部にあたるためか、のんびりムードでシャナと一美の戦いとかがある一番良い時期かもしれない。 と言うことでシャナが一美弁当に対して敵愾心を抱き、千草にお弁当の作り方を教わり。料理下手で、この件に関して役立たずのヴィルヘルミナは、大嫌い…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナⅡ【第1話】

夏休み後の9月、悠二は日常の中に戻っていた。しかしそこは秋に桜が舞っており、過去の出来事が繰り返されている、デジャヴュにも似た世界であった。見てるほうはPS2版ゲームをやっているかのようなデジャヴュが・・・ 池や千草が自分の知らない会話はスルーしたり、佐藤の家に行けなかったり、倒したはずのフリアグネが現れたり、愛染兄妹が現れたりと…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more