コードギアス 反逆のルルーシュR2【第6話】

コノ作品の引きは次回の冒頭数分で解決されるため、気に揉むだけ損だな…と、今更ながらに思った。

と言う事で、ルルにナナリーから電話を渡すと言うスザクのイヤラシイ企みで終わった先週の結末は、ロロのギアスによってスザクを止め、ナナリーと口裏を合わせると言う事で解決。とは言えナナリーにしては???だよな?

総督に就任しエリア11に来ることになったナナリー、ルルの抑えきれぬ妹萌え衝動はナナリー奪還?と言う暴挙に出る。
普通に考えれば誰か止めると思うんだが、ゼロに心酔している黒の騎士団は誰も忠言申し上げるものも居ないみたいで、即行動。トップダウン的にはとても良い組織だが、う~ん。

早速、ナナリー座乗艦に戦いを仕掛け、ナイトメアで取り付き、さっさとゼロが進入、ナナリーとのご対面となるが、ナナリーはゼロがルルとは知らないみたいで(既に声や抑揚で気付いていても良さそうなものだが、まだ気付いていなかったのね?)、ルフィーの行おうとしていた事を引き継ぐと、強い信念の下駄々を捏ねる。

その間、艦外ではカレンや藤堂が頑張って戦っているわけだが、グラストンナイツやナイトオブラウンズ、スザクまでワラワラと沸いてきて、朝比奈、千葉は機体を失い、仙波は戦死(顔の悪いのから死んでいくアニメだ)、カレンの紅蓮弐式も損傷してしまうのだが、神楽耶とラクシャータが潜水艦で駆けつけ、紅蓮弐式の新装備を空中換装、新能力でナイトオブラウンズとスザクに対しても互角に戦う。多少溜飲が下がる思いだ。

折角互角の機体を手に入れたカレンだが、戦闘で落下(墜落)を開始したナナリー座乗艦からのナナリーとゼロを救出するために流れてしまった。

結局ナナリーはスザクの手の中に戻ってしまう。
コノ戦いゼロは敵空中戦間を数機落としたものの、中華連邦領事館と言う拠点と仙波を失ってしまったのが痛く感じるのは私が貧乏性だからだろうか?


ブリタニア側のナイトメア強すぎ、戦略も戦術も関係なくなるような機体がウジャウジャ出てくるのは、なんか面白くないしかも敵側だし。来週からはラクシャータも戻ってきたし改善されるのだろうか。

神楽耶、喋らなければ好き。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

コードギアス 反逆のルルーシュR2【第5話】

一期のアノ終わり方から良くも学園物が出来る状態に戻せたものだ、感心します。

黒の騎士団を救出、ロロ雑巾も仲間に組み込んだルルだが、最も極悪人なスザクが学園に舞い戻ってくる。
記憶が戻った事をスザクに気取られまいと、皇帝に書き換えられた記憶を演じるルル。記憶が回復していると確信を持っているスザクとのそらじらしい学園生活が始まる…

その影でルルはロロの支援を受け学園に潜り込んでいるブリタニアの監視者をギアスで排除し、ヴィレッタには扇の件を盾にして黙らせ着々と土台を固めていく。テンポ早っ

更にその影でスザクも仲間を呼び集め、戦力を拡充していく。

そしてお祭り。スザクの歓迎会が学祭レベルで催される…エエエエェェェェ
アシュフォードの祭りと言えば世界一の巨大ピザ。ピザと言えばC.C.。と言う事でC.C.が紛れ込んでいてルルもビックリ(アレを回収に来たのが目的らしいが、アノ景品の事ですね?)。

C.C.を連れ出したのは良いものの、シャーリーが来たため、C.C.はルルにトラックに積載されたピザ用のトマトの中に突き飛ばされ、足を開いて真っ逆さま、夕方に見せて頂けるとはアリガタヤアリガタヤ。
画像
(大股画像はプレゼント当選者が被されていたのでコッチで…)

ついでにカレンが着ぐるみで現われるは、その着ぐるみとシャーリーが争うは、猫を追うスザクも来るは、ナイトオブラウンズのジノがC.C.の入ったトマトを持ち出すはと一期の学祭の雰囲気を醸し出す。
画像


C.C.をピザ会場で晒す事態はルルの機転で難を逃れ、一連のドタバタは収束するが、最後に意地悪スザクが出てきてエリア11の新総督に繋がった電話をルルに渡す。その新総統はナナリーだったりすんだよね。


ンまあ、所謂サービス回?でした。
なんちゅうかサービス回ならサービス回で引きで終わって欲しくなかったよ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

コードギアス 反逆のルルーシュR2【第4話】

今週ロロ雑巾という仇名がついたロロに先週から銃口を突きつけられているルル。どんな手段で切り抜けるのかと思ったら唯一の武器、ハッタリでした。まあその手段自体当然なのですが、なんちゅうかロロが半端者だから助かった感が強いっス。

ロロがどうしてギアスを持っているのかとか、ブリタニアに使えているのかはどうせ後で語られるだろうから置いておいて、一番解せないのはロロの非常さが他の者に対してと違いすぎ。ルルの甘い言葉に心奪われコロッと騙されちゃうなんて…女性キャラとして出して欲しかったな、男性向けアニメでなかった事が悔やまれるよ。

中華連邦総領事館の方で起こった問題も、緊迫感強く今週に引き摺った割には裏取引で終わってしまい、なんだかなぁ。

人質の処刑問題も、処刑場所が中華連邦総領事館に近く、あまつさえフロアパージ可能な場所と、地理条件がルルに都合良過ぎてあっさり人質を奪還。
ついでにロロを狙った弾丸から身を呈して守るという芝居をうってロロを味方?に引き入れてしまう。
ルルってば黒さ大爆発。

…まあ、面白ければ全て由。面白かったっス。最後にスザクが出てきたのとエロサービスが無かったのがマイナスかな?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

コードギアス 反逆のルルーシュR2【第3話】

中華連邦総領事館の一室で合衆国日本の建国宣言をぶちかましたゼロ(替え玉)だが、ルル本人は学園に戻って、何食わぬ顔で状況確認と善後策の思案へ入る。

と言う事で今週はデスノート臭い作りで、監視の中からその目を盗み反転攻勢へ出るというストーリー。

しかし敵(ロロ)の力を計算(予想)に入れなかったために窮地に陥ってしまう。

C.C.やカレンは中華連邦総領事館で、それなりの安寧の中にいたが黎星刻が敵対し此方も寝耳に水状態になってしまう。

なんちゅう引きだ。


学園の連中は全て記憶をすり返られており、そのためシャーリーに芽が出るが、結局放置プレイされることに…とことん可哀想。

夕方5時台ということで、カレンの役目もあそこまでが限界?寂しい限りだ…

ロロのギアス能力は相手の時間を奪うような能力で、戦術では大いに役に立ちそうだが、ルルや皇帝のような戦略級ではなさそう。しかし、個人戦では強すぎるだろ。

取り敢えずR2での学園ドラマは今週で終わったと言う事なのかな?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

コードギアス 反逆のルルーシュR2【第2話】

何がなんだか解らず、一見様も一期視聴者もお断り状態で視聴者が3%だったらしい第1話の穴埋め的な回?
ってかギアスの大安売り。

スザクにとっ掴まったルルが、ブリタニア王にギアスで記憶を塗り替えられ、餌として放流。スザクはルルを売ってナイトオブラウンズに入って邪悪さを増し。
ナナリーは行方知れず。ディートハルトと咲世子、ラクシャータは中華連邦へ。

取り敢えず話の流れは、バベルタワーに物量で攻めて来るブリタニアから脱出し中華連邦総領事館へ逃げ込み。領事館から電波ジャックしてゼロの復活と合衆国日本の建国宣言を行う。

尚、バベルタワー脱出に伴いカラレス総督を撃破。卜部はロロと刺違え損なって死亡。
電波ジャック時のカットでニーナの存命確認。神楽耶が落ち着いた良い表情で登場で○


中華連邦を頼った者を由としなかったのに、今回は早々に中華連邦へ逃げ込むのは如何なものかと思うのですが…

で、ロロは某フユキのように非常に邪魔。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

コードギアス 反逆のルルーシュR2【第1話】

なんか色々DVDが発売されていたので、それほど待たされた気はしないが、最初23話でココで終わるか?を見せられ、さらに2話追加されるも収拾どころか余計に混乱させて終わっていたのでどうなるのかと思っていたR2。

行き成り1年後とか言われ、ヴィレッタが教師していたり、何事も無く普通に学園ドラマしていたり、ナナリーが出ず、その代わりにロロとか言う弟が出てきたりとまるで平行世界ものにした?と言わんばかり。

結果、一応繋がった話で、ルルは記憶を操作されていて、CCを誘き寄せるための餌として泳がされていたと言う設定が披露され。CCとの邂逅と監視していた男爵の物言いで記憶を取り戻し。第一期と同じく男爵どもをギアスで殺し、黒の騎士団に戻るという話しでした。

カレン今一エロそうでエロクナイ感じ…なんか力が入ってないっぽ。


第一期からの継続ではなく、ちょっと間を空けた世界にして仕切りなおししたみたいなのだが、とても解りづらい。深夜アニメから夕方アニメになったのにコレで良いのか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-【第13話】

今話は、見事に原作どおりで安心して見られましたが、そのため驚きも感動もない話でした。

クリスティアーノを巡り公社とピノッキオ、フランカ、フランコの戦いが繰り広げられる。

ピノッキオに因縁を持つトリエラがオープニングに描かれたシーンを踏襲し勝利を収め。

リコに掴まったクリスティアーノを、フランカとフランコがリコを車で跳ね飛ばして救出するも、アンジェリカの銃弾でフランカがやられ、フランカ、フランコ、クリスティアーノを乗せた車は川に落下してしまう。

事件としては一件落着という最終回でした。

なんちゅうかアニメなりの解釈も補足も演出もないので、語る言葉が無い…
強いて上げるなら原作どおりなので、性格も原作どおりになってて良かった感じ、リコとかね。



まあ原作者が関わりすぎておかしくなったパターンなのでしょうかね?餅は餅屋でお願いしますよ、スタッフ集めも含めも大変なのですから。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ARIA The ORIGINATION【第13話】

原作の終了からあまり間を置かずアニメの方も最終回。
遂にアクアマリンと言う通り名を貰えプリマへと昇格した灯里だが…

アリシアさんが結婚及びゴンドラ協会への転職のためARIA COMPANYを退社する事に…原作では1月に持ち上がった話なので、取り敢えず寿部分に対して動じることなく見れましたよ。

プリマの実力がありながら自分の勝手でそれを遅らせていたアリシアだが、去るときは早い、ってか零細のARIA COMPANYから人を引き抜くって協会は何を考えて居るんだ。

アリシアに去られてしまうので灯里は一人でARIA COMPANYを切り盛りしなければならない状況に陥る、アリシアも一人でやって来た事だが、最初から一人ではなかったろうからとんでもない話だ。まあ、何日かの引継ぎはあったみたいだが。

それは置いておいて、アリシアの引退式は盛大に行われる。原作の「海との結婚式」をここに持ってきた感じだ。なるほどねって感じ。

引退式も終え、アリシア去りしARIA COMPANY。幻覚を見ながらもシャッター開け健気に運営する灯里のシーンが入り、直後の後日談付きエンディングへ。

最後に変な髪形に磨きがかかり、そりゃ変だろ?な髪形になった数年後の灯里の居るARIA COMPANYに、新入社員として予想通りアイちゃんが登場してオシマイ。



第三期はほとんど原作どおりの話で最終回まで1クール終わらせてしまいました。
第二期は2クールで、変なアニメオリジナル話があってちょっとダレた感じを受けていたので、見たい話は残るものの良い終わり方だったと思います。人気次第ではOVAも出るでしょうしね(AQUA部分やってないし)。

楽しませていただきました。

スタッフの皆さんご苦労様でした。



…今話で一つだけ違和感があるすると、原作と違いアニメではアイちゃんと灯里は大の仲良しなので新入生アイちゃんのセリフ回しは、も少しフランクで良かったのではと…

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

バンブーブレード【第26話】

虎侍過ぎ去りし後、半年の時が流れたらしい世界。
タマちゃんは凛と出演映画であるブレーバーを一緒に見に行ったりとそんな春休みを終え。キリノやサヤは3年に、タマちゃん達は2年へと進級する春を迎える。

そして今年の新入生、岩佐弟と外山妹が剣道部を訪れる。
見学しに来たと言う新入生だが、剣道場にはタマちゃんしか居らず困惑。続いてやって来たさとりんだが方向性を間違い芸を披露しようとしはじめ、ミヤミヤも混じって剣道とは関係ないことを始めてしまう。

まあ、勇次やキリノ達3年がやって来て収拾がつく訳だが、キリノが部長を引退しており、部長はダンになっていた事には、ええぇ~とビックリ。

まだキリノでOKだろ?

さとりん、ミヤミヤの芸でドン引きしていた新入生だが、剣道部の練習が始まると、素人ながら凄さを痛感し感じ入る。

そうこうしていると顧問の先生が登場。妥当な吉河先生なので驚かんが、石橋と出来ていた上に妊娠していてビックリ。虎侍を好きだと思っていたのに石橋かい!まあ、そんなそぶりも描かれていたけどさ。

で、産休と言う事で虎侍が顧問に復活できることになり剣道部に姿を現す。虎侍をみたキリノが飛びつきクンズホグレツする姿は吉河を失っても余りある幸福な姿と写る。虎侍・キリノペアはありそうだな、勿体無いけど。

まあ、そんな感じで丸く収まってバンブーは終わりました。

前半に比べ後半は普通の作品になってしまった感を覚えますが、苛立つ事(最近のアニメは面白いとか面白くないとかストレスが溜まるとかでなく、ただ単に腹の立つ作品が多いから基準になりました)も無く視聴が出来ました。

スタッフの皆さんお疲れ様でした。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

みなみけ ~おかわり~【第13話】

先週持ち上がった春香の留学決定話の続き、如何にもオーソドックスな最終回話である。

留学をマキ達に聞かされた夏奈は千秋に相談。春香が心置きなく留学できるように家事をこなそうとする。

夏奈の子分どもを巻き込み、料理練習。試食はマコトと冬馬、マコトはともかく冬馬は可哀想な役目ばかりだな。

そして練習の成果を試す。春香に感謝デーといい、朝7時から掃除機をかけて叩き起こし、家事を開始する。

オーソドックスな失敗の音を聞きながらヤキモキする一日を過ごす事となる春香。

締めくくりは夕食に夏奈と千秋の料理を食べて終了。朝と昼はどうしたんだろうか?

当然だが春香の留学はデマ?でありみなみけは変わらぬ日常を続ける事に。

もう少しヒネレヨ。


やっと終わってくれた。この二期は結構苦痛だった…って言うか最近の二期ものってイクナイものばっかやんけ。

一作創る才能と言うのは凄のだが、良作を作れるのはもっと凄くないと。
最近話数を持て余したり、設定を持て余したりする作品多すぎ。分解、再構築、トッピングがなっておりません。

特におかわりは春香の性質が最初と最後で違う、千秋がクレバーでなかったり、夏奈が気持悪かったりとなんか色々台無しだし、ついでにフユキというオリジナルキャラ出したくせに、何の意味も持たせないと言う何だそりゃな作品でした。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

灼眼のシャナII【第24話】

能動的なヘカテーは魅力が無いな。
で、遂に?最終回。

第二期の最後も変なものを創ろうとする教授の実験を阻止して終了…そんだけ。

一美に託されたフィレスの呼び鈴も使われることも無く…

一応シャナと一美の悠二ハイハイゲームはシャナの下へ行った風な終わり方で。

まあ、先が見えてて盛り上がりも感動も無い最終話云々より、第二期自体に問題があるのではと考えさせられる。とても2クール必要としない題材を、無理矢理長引かせ、その割には広げた風呂敷をしまいきれずに終わったって感じ?

ヴィルヘルミナがほぼ出ずっぱりであった事は褒められるが、遊び回などサービスも無し。

これも3期作る気ですかね?一回トチッタ物に次の機会を与えるのは止めようよ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-【第12話】

フランカ、フランコがクリスティアーノを救うための実験橋爆破を計画、実行に移すが、エッタなど公社がそれを阻止する。

エッタからの逃走時フランカを庇ってフランコが負傷してしまい、クリスティアーノを救う手立てがなくなった事で、クリスティアーノの危機をピノッキオに伝える。

それを聞いたピノッキオはクリスティアーノの下へ。

そして現われる、公社スタッフと義体の一群。第二期最後の戦いが始まる。

うむ、見事にピノッキオ編だけで第二期は終わりなんですね。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ARIA The ORIGINATION【第12話】

アリスがプリマに、そして藍華も。ひとりシングルに留まってしまう灯里…ってか主役の癖に最近出番も少なかったろ。

まあ、あまりに不憫なもんで、アリシアさんがのたまいました。明日、プリマの昇格試験を行います…と。

興奮して眠れぬ灯里は夜の水路へ練習に、出会うは巾着を落とした暁。落とした、落ちたの連呼の洗礼を受ける灯里。珍しく動揺が広がる。

そして翌日。天候は朝から見事な雨。

アリシアからは延期の提案もでるが午後より雨があがり、プリマ試験が開始される。

暁やウッディ、藍華にアリスの応援を受けながら、蒼き空から夕日に染まり行くネオヴェネチアを水先案内する灯里。どんな細い水路も、今まで3人で練習した経験が後押しし自信に満ちた操船を行う。

そして見事にアリシアに左手袋を脱がしてもらい、アクアマリンの通り名を与えられる。

…試験中にVサインとかOKなんですね。


次回は1月に大騒動を巻き起こしたアリシアさんの大事な話ですね。
ってか、大騒動が起こりうる話を最終回に持ち越したって感じですか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

バンブーブレード【第25話】

2週間グズったものだからやたらと駆け足。

とってつけた因縁の対決であるタマちゃんと凛、ミヤミヤとキャリーも一足飛びで決着が付く。

ミヤミヤとキャリー戦は意表をついたらしい胴が決まったりで勝利を収め。尚且つキャリーに二刀を使わせた上での野試合で、竹刀の振り上げで二刀を弾き飛ばすという力技で連勝。
勝敗をドローに乗せる。

タマちゃんと凛戦は、初めてチャレンジャーとしてぶつかれる喜びを噛み締めながら。凛の上段にタマちゃんが突きを放って勝負を決める。

そして、外山と岩佐問題の責任から虎侍が皆の下を去って行く。

尚、キリノとサヤは四回戦、さとりんは初戦でタマちゃんにぶつけられ敗退…ってさとりんの扱いがあまりにも…

次週最終回っすか?なんかオリジナルのストーリーになってからわやくちゃな気が…

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

みなみけ ~おかわり~【第12話】

フユキが出なければ春休み前の運動会?と言う普通の話。

何のために登場したのか解らないフユキ。最終回前に退場してしまう、作品を汚しただけの存在は百害あって一利なし。
…何がしたかったんだ制作は?

運動会はまあ、普通。運動会前に内田と吉田に迷惑な練習をつける夏奈など珍しく日常っぽさのある良いシーンだった。


最後に忘れ去られていた春香の留学話が出てきて、嵐の予感で最終回に続く。みなみけで春香が居なくなったら立ち行かないと思うのだが。
単に一期スタッフでの続編を潰すと言う嫌がらせか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

灼眼のシャナII【第23話】

最近主人公かのように調子に乗っていた悠二。ヘカテーに零時迷子を取られてザマァ。

最終回間際なので出番を求めバルマスケ本体が動き出す。悠二の居た時計塔辺りを中心に東京ジュピターが構築され、駆けつけたシャナやヴィルヘルミナたちを足止めする。後に一美が現われヨハンの声がしたと言い、悠二から零時迷子が抜き取られたことを伝える。

佐藤に突破口を見つけさせ、マージョリーが先陣切って突入。危険な役目を引き受けたマージョリーは待ち構えていたシュドナイにやられて血だるま。
ここで教授がとってつけた設定を叫び始めて、史菜が様々な感情を収集蓄積したものを頭脳に、隠されていた存在の泉を動力に、零時迷子を心臓にした徒を作っているらしい。…で?

まあ、なんだかんだで最終決戦に突入しました???

零時迷子を取られ抜け殻になった悠二は、時計塔の中でドミノの子分とブルートザオガーで戦い、勢い余ってブルートザオガーを柱にめり込ませ、本人は下に落ちてしまうと言うバレバレの伏線アリガトウ御座いますってのもありましたね。


シャナがモコモコ服で街を飛び回るところは可愛かった。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

バンブーブレード【第24話】

何は無くともキリノはほんまええ娘や。

関東大会で秀玉高校に負けたことで、タマちゃん、ミヤミヤ、虎侍が遠ざかり、外山と岩佐が起こした暴力問題で休部の話まででるなど、様々な問題がキリノを襲う。

しかもタマちゃんが退部届けまで書置き状態で剣道部に置いてあり、キリノを悲しませる。

直接タマちゃんと話し合っても、虎侍に相談してもどうにもならない。遂にはキリノ自身も不登校に…

残された部員はサヤ、さとりん、ダン、勇次の4人。立ち行かないところだが、勇次はタマちゃんに下校時会えた事で、タマちゃんの今の気持は悔しいという気持だと教える事が出来、タマちゃんが復活、さおの煽りで虎侍も復活。

ミヤミヤは天才ダンでは慰められず、ここは諦めない娘さとりんが辞めるなら勝って辞めろと説得。見事にミヤミヤを繋ぎとめる事に成功。

キリノにはサヤが赴き、一人悩んで退部届けを書くキリノを目撃。押し倒して言う事を聞かせて立ち直らせる。

翌日には外山と岩佐が剣道部を訪れ、最後の稽古でダンと戦い、胴をとられたことで踏ん切りをつけて退部届けを出して辞めていく。

見事一話内で万事解決。次週からは勝つべき相手に勝つ流れですね。
一本調子のご都合主義ですが、キリノの悲しむ姿は見たくないのでOKとします。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ARIA The ORIGINATION【第11話】

アリスに先を越された藍華。本人よりも晃さんが気にしてしまい気もそぞろに。

Aパートが原作にある藍華のプリマ昇格試験へ至る話。
灯里がアクアに来る前から見習いを続けていた藍華なのに、藍華より先にミドルスクールを出たばかりのアリスが先にプリマに。姫屋の中でもアリスの話題でいっぱいで、晃さんも遂に藍華のプリマ昇格に乗り出す。何をするかというと通り名を考える事…
泣き虫セレナーデってどうよ。
ちなみに通り名って先輩が与えるものなのか?酷いもの付けられたら最後だな…

Bパートは先んじてプリマになってしまったアリスが、忙しい中に灯里や藍華に会えない寂しさを覚え、ブルーになってしまう話。

会う切っ掛けが作れず苦悩していると、灯里と藍華がニューメニューのピザを持ってアリスを尋ねて励ましてくれる。
会う切っ掛けなら、アリスちゃんだけで十分だよと最近影の薄い灯里に言われ万事OK。アリスに笑顔が戻る。


まだ最終回じゃあないけど、海との結婚式やケットシーとの決着は遣りそうに無いので、先に悔やんでおきます。
特に海との結婚式は井上英紀の手によるもので見たかったな~

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-【第11話】

田舎でのんびり過ごすフランカとフランコ、ピノッキオ。牧歌的なその生活に丸くなっていく面々だが…

最近失敗続きの五共和国派内で責任問題が出て、詰腹を切らされることになったクリスティアーノを救うため、実験橋爆破の計画を企て実行に移す。

しかし、公社にバレバレでその中に突っ込んでいく事に。

ピノッキオとクリスティアーノの過去話あり。

って言ったところで、最後に向かっての緩やかに進む話でした。まあ、あと2話くらいだからこうなるよね感じ。
1期と違って2期はこのままだと全然記憶に残らない作品になりそうだ…残念。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

みなみけ ~おかわり~【第11話】

夏奈は嫌な事があると風邪をひいたと嘘をついてサボります。当然ヒネリのないおかわりでは、良い事がある時には本当の風邪をひくというパターンです。

ホントそれだけの話でした…

一番ズルイのは千秋で、夏奈の風邪が嘘だと気付きながらその看病のため町内会の清掃に出ず、終わったところで夏名を責めます。

バカを見たのは春香、ちゃんと清掃にも一人で行ったり夏奈の食べたい物を作ってあげたり…
バレれば鬼と化すしていたであろうおかわり開始頃の設定が最近はなりを潜めてしまいました。シリーズ中に方針転換するなよ。

今週も巻末?に原作の話が挿入された。夏奈が藤岡との抗争(勘違い)を無くし友好を結ぼうというのだ、千秋の助言により名前で呼ばせるようにし、背中から抱きつく(バックドロップ投げられず)というのをやって藤岡を喜ばすと言うものだ。…短い本編だった。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。