コードギアス 反逆のルルーシュR2【第19話】

人生躓くと、際限なく転がり落ちるものだなと。

ニーナお手製のフレイヤをスザクが使い、その結果トウキョウ租界は抉られ1000万人の死者と二次被害による2000万人の死傷者を出す。

慄くニーナにスザク。まぁ、此方は自業自得だが、コレによりルルはナナリーを失ってしまう。

ナナリーを失ったルルは、ご乱心。撤退を進言する藤堂に対しナナリーの捜索を支持し不信を買い。撤退してはロロに本音を叫ん(罵詈雑言?)でしまう。

その隙にシュナイゼルがイカルガを訪れ、藤堂やナイトハルトらにゼロの正体や有る事無い事まで言って、ゼロと黒の騎士団の切り離しを図る。

特にヴィレッタラヴだあるところの扇の裏切りが酷過ぎ。当初庇う側にいたディートハルトも折れ、傷心のルルを売り渡すことに。

ルルの元を訪れたカレンと共に4号倉庫に向かうと、黒の騎士団に銃を向けられるルル。

シュナイゼルの策なら逃げ道は無いと諦め、一緒の死すら選ぼうとするカレンを救うため悪者を演じカレンを離れさせるが、最後に告げた言葉は「君は生きろ」。

ルルに銃火が浴びせられるとき(ってか即時銃殺かい!)、ルルを守ったのは蜃気楼を操るロロ雑巾。

ロロは命と引き換えの広範囲ギアスを連続使用しつつイカルガより脱出、アーニャや黒の騎士団、ブリタニヤ軍からも逃走。

教団の道具として使われてきたし、ルルにも駒として使われてきたが、ルルと過ごした時間は本物だと命を捨てて守りきる。シャーリー殺しにしては過ぎたる最後であった。

全てを失ったルルだが、皇帝を倒す気持ちだけが残り。

スザクは気が触れて高らかに大笑い。

皇帝は古い世界の破壊に着手?


う~ん超展開?ってか、前振りがあったにしても黒の騎士団の裏切りが酷過ぎる。指導者にとって兵士が駒なのは当然だし、上層部なら心得ていなければならない事柄策謀を今更ゼロ切りの理由に上げられても…

取り敢えず今期で終ってくれる感じは掴めたのでまあ良いか。

カレン、オレンジは後で合流するだろうし、神楽耶もルル側に来て欲しいね。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"コードギアス 反逆のルルーシュR2【第19話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント