コードギアス 反逆のルルーシュR2【第7話】

先週、ゼロの目の前でナナリーとスザクが手を取り合って去っていった事で寝込んでしまうルル、見守るのはロロ雑巾。

ナナリーが行政特区日本を立ち上げる事。嫌な敵(スザク)だがそれだけにナナリーの安全が確保されている事で、ブリタニア打倒と言う目標を失い、ルルは自暴自棄になってしまう。

リフレインに手を染めようとしたり、連絡が取れず探しにきたカレンに対して慰めろとせまったりしちゃいます。
神楽耶やC.C.なら、どんと来いで受け入れてくれた気もするが、見た目と徒違って初心なカレンは拒否して走り去ってしまう。
カレンの後にロロが優しい言葉で現われ、アッチ系に転んだかと思わせるというネタ投入?

ロロに慰められ?学園に戻ると、皆は修学旅行に行ってモヌケ状態。

誰も居ない学園で今の俺にはお似合いと自嘲するルルだが、突然の大型花火。屋上に行ってみると生徒会の面々。ルルを慕う者たちにふれ涙を浮かべ、優しい世界を思い出し自らを取り戻す。

ルルが落ち込みゼロと連絡が取れない黒の騎士団は、潜水艦を隠した偽装タンカーで日本近海を航行していたところをスザク率いる大艦隊に襲われてしまう。

過剰な攻撃を前に風前の灯火。しかし復活したゼロが追申がとれ、ゼロの指示により魚雷でメタンハイドレート施設を破壊し、泡により大艦隊を壊滅させる。久しぶりの大勝利だ。

そして、一兵卒が指揮をした結果の大失態より、ただ単に驚くスザクの前に現われるゼロ。

ゼロは行政特区日本への参加を宣言する。


C.C.の独り言の相手はマリアンヌ?会話の印象からするとおしとやかな人でもなさそう?

神楽耶の新妻宣言。C.C.とカレンの愛人関係には肝要みたいでございます、手に手を取り合って三人姦・女?

まあ、それは置いておいて、「引かぬ・媚びぬ・顧みぬ」が魅力のゼロにおいて、序盤のココで欝話を持ってきてくれた(しかも一話だけ)のは嬉しい、これで最後まで揺るがずに行ってくれるに違いない。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"コードギアス 反逆のルルーシュR2【第7話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント