バンブーブレード【第18話】

小西の姦計にかかり足を負傷したタマちゃん。剣道家ならざるその行いに対しアトミックファイアーブレードを放ち一本を取るものの、負傷を知った虎侍にタオルを投げ入れられてしまう。珍しく先週の引きからの妥当な続き方だ。

棄権させられたタマちゃんは虎侍に詰め寄るものの、自覚せず放っていたらしい突きを虎侍に指摘され沈黙。キリノの優しいフォローでその怒りを納める。

試合の方は、勝ち数と一本の数が同じため代表戦になるが、タマちゃんは負傷。さとりんは腹痛のため、調子の良いキリノの出番となる。
母が入院した事でその心配から集中力を高めたハイパーキリノ。そのまま臨めれば勝てたのだが、試合開始直前に弟が駆けつけ母の無事を叫んだために。ハイパー化が抜け落ちあっさり負けてしまう。

まあ負けたものの、室江高校剣道部は笑顔を湛え帰っていくのであった。
一方試合に勝った東城高校、タマちゃんとしては小西に止めを刺せなかったものの、十分に精神的ダメージを与えており、仮面が剥がれて良い感じに悪役の最後を迎えているようだ。


来週からオリジナルストーリー(予告曰く)になるそうで、残りの時間はツマっぽい話で繋がれた、最も原作通りなんだけどね。
道場の壁に賞状とかが無くて寂しいと嘆く虎侍。タマちゃんの賞状(個人戦優勝)を飾ろうとタマちゃんにお願いするのだが、タマちゃんのバカ父が賞状を物欲しそうに狙っていたため、優しいタマちゃんはバカ父に与えてしまう。

と言う事で道場には賞状が並ばないのだが、勇次の「一球入魂」と、無駄に上手いダンが描いたミヤミヤの絵だけが道場に掲げられる事となる。無茶苦茶ヤネ。

原作コミックスに追いついたため来週からオリジナルだそうだが、パワーダウンしない事を切に願う。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"バンブーブレード【第18話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント