バンブーブレード【第17話】

さとりん大活躍。もっとも腹痛との格闘戦ですが・・・

曰く私バカだから後の事も考えず、与えられた物を食べて食べて食べて食べて食べてしまったらしい。
痛みの合間に痛みの無い至福の一時が巡る、波のある苦しみの中、さとりんの先鋒戦が行われる。

そんな状態の中、痛みの波の合間を縫って何とか一本取るものの結局引き分けで終了。まあ、こんな状態ででも無ければタマちゃん以外の試合をまともに時間をとって貰えないから良かった良かった?

さて、先週用具室っぽいところに閉じ込められたタマちゃんだが、張本人とも言うべき東城高校の小西に助け出される。しかし、これは大事にしないためと試合で勝って自らの力?を誇示するためと自身の仕掛けた罠に掛けるためのもの。
タマちゃんはまんまと罠に掛かり撒いてあるテニスボールを踏んで、足を怪我してしまう。

ここでタマちゃんに気取られないように優しく応対すれば良いものを、小物っぷりを披露して自らの策略とモロバレな対応をとって、タマちゃんの怒りを買ってしまう。

そのため策を弄し必勝の状態で望んだ戦いなれど小西は、怒りのタマちゃんに圧倒され、挙句封印技のアトミックファイアーブレード(突き)を受けてしまうに至る。

タマちゃんペースの試合だが、ここでタマちゃんの負傷に気付いた勇次に耳打ちされた虎侍が立ち上がる。

尚、次峰戦のミヤミヤはストーカー礼美の気配を敏感に感じ、体が動かなくなったところを討たれて敗戦。
中堅サヤは時間ギリギリの一本で勝利。
副賞戦はイケイケ状態のトランスキリノが2本とって勝利。
でした。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"バンブーブレード【第17話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント