ARIA The ORIGINATION【第2話】

見習いウンディーネの必死なところを眺めて楽しむと言う性格の悪いオバサンが登場。

久しぶりに灯里指名で仕事が入る。
大乗り気の灯里だが、藍華には新人イビリの客では?(正解)とかアリスには抜き打ち検査官ではと脅されるが、灯里はそんな事で動じるような天然少女ではない。一生懸命接客に勤めようとする(この辺は噂に動じてヘマをするような話に持っていく他の番組とは違う)。

人の良さそうな仮面でアリアカンパニーを訪れるオバサン。灯里が船の用意に行ったところでアリシアと何故かアイコンタクト、アリアカンパニーの先輩かなんかかと思ったよここまでは。

用意されたゴンドラに乗ると、灯里におまかせでとっておきの場所を案内してくれとのご注文。天然灯里は前夜計画した場所へとオバサンを案内するのだが、行った先行った先でその場の人とヒソヒソと馴染みの挨拶をこれ見よがしにして灯里に聞かせる。

どんなに頑張ってとっておきスポットに連れて行こうが、おばさんの掌の上。

流石にだんだん表情が曇ってくる灯里、とても珍しい事だ。

最後には、このオバサンのいやらしい趣味(新人の誠意を評価するという)が暴露されるが…納得いかないのは私の心が曇っているせい???
尚、この洗礼はアリシアも晃もアテナも受けたらしい。

という釈然としない話でした。







アニメのネタばれ?になりそうだが、原作の11巻でアリスがダブルからスキップでプリマになってしまうのだが、今回の話を見て客を一回も乗せずにプリマになって大丈夫なのかと今更ながらに心配になってしまった(面と胴をつけ竹刀を持ってやる訳には行かないだろうし)。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ARIA The ORIGINATION【第2話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント