スカイガールズ【第24話】

ビックバイパーを大量に載せた空母が攻龍に合流し、遂に最終作戦が開始されようとする。
時を同じくして、ワーム側もネストを浮上させ、世界各都市に対して一斉攻撃を開始。

統合人類軍が立てた作戦は、バクテリアン戦で培ったビックバイパーで血路を開き、SDチームがコアに対してウィルスアタックを仕掛けると言う力技である。

シューニア・カスタムに搭乗して作戦の中心になる筈だった音羽は、先週から精神にダメージを負ったままのため、シューニアにはアイーシャが乗る事となり作戦からも外されてしまう。
尚、アイーシャのシューニアとのシンクロは118%、百分率で18%オーバーって言う事はシンクロしてないんでは?と下らない突っ込みしてみたり。

音羽が作戦に参加しない事に悶々とするSG、ついでに冬后から音羽にはしゃべっちゃダメと言われているので身悶え状態。
だが、何時も命令お構いなしのエリーゼが黙って居る筈が無い。音羽が一緒でなければ戦いたくないと音羽の下へ向かおうとし、瑛花と可憐も仲間だからと同調して音羽説得へ向かう。

皆が命懸けで行くのにゴメンネ~と言う音羽だが、瑛花や可憐が音羽によってのめり込まされたと責め、ダメ押しでアイーシャ健康問題も言われてしまい、音羽も渋々作戦参加の決意をする。

作戦参加となればなったで、作戦開始直前に変更が加えられる訳で、副長に良い顔されないが、ゴリ押しで音羽の参加が承認される。早速音羽のシンクロテストが行われるが、渋々な状態のためあまり芳しくない。
そこにアイーシャがやって来て、優希が音羽を待っていると告げられ、あっという間にシンクロMAX。相変わらず単純。作戦参加に不備無し。

そして、空母やイージス艦がネストを有視界に捕らえた(っていうか近すぎ、艦隊運用おかしすぎるだろ)ところで、やっと作戦開始、ミサイル攻撃、ビックバイパーの発進、SDの発進と最終戦へと入っていく。



料理長のエリーゼ猫可愛がりは、死んだ孫と顔の描き分けが出来ていないためと判明、でも単なるロリなダケだろ?エリーゼもちゃっかり戦争後の住処を確保させたっぽい?

兄様宛ての遺書を書いていた可憐は、たくみが訪ねてきた事で生きる目的が出来ました?

瑛花親子は冬后の計らいでご対面が叶う、冬后とラブしなくていいの?瑛花。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"スカイガールズ【第24話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント