スカイガールズ【第18話】

夜中に音羽が独り言を呟きながら木刀を持って甲板を徘徊していると、海上にモスラの繭のような物が浮いているのを発見する。

音羽は子供の頃その物体に遭遇しており、何やらそれに弟を拉致されたっぽい。なので直ぐさま危険と判断し上官へと具申に走る。

しかし、途中で遼平と会ったり、攻龍が機関停止で非常灯になったり、機関室から悲鳴が聞こえたりで具申は中断、悲鳴の元に駆けつける。
駆けつけた機関室では簡素な深きものどもがウホウホしており、電気を吸収し機関員を怯えさせていた。
遼平や冬后の解説でどうやらワームはモスラの繭がワンセル状態と言い、分裂して最初に見たものの姿を模し、最後に合体怪獣となるらしい。

その深きものどもは、何故か音羽を気に入ったらしく、コケたり自分の攻撃で四散したりする度、個々の破片から深きものどもへと再生、増殖しながら音羽を追いかける。

当初は音羽がハーメルンして甲板で焼却しようとするが、数が増えすぎたため冬后がサジを投げてしまう。

コケて足を挫きながらも何とかしようとする音羽は、深きものどもが自分にメロメロで攻撃しないと自惚れ艦内を連れ回し、最後は零神の下まで辿り着いて艦外への誘導に成功する。

しかし、艦外で処分しようとする音羽だが、深きものどもは透明の液状になって合体、零神を仲間と思い合体しようと取り込んでしまう。液体の中に取り込まれた音羽は溺死寸前に…やっぱり口から肺呼吸してたんかい…

その場を救ったのは、何処から着たのか不明すぎる緋月や周王と新キャラのアイーシャを乗せたヘリ。
アイーシャが変なことをすると、零神が勝手に動き液状ワームを振り払い、ヘリのガトリングで掃討して事件は解決してしまう。


吹っ飛ばすと分裂して再生してしまうのに、最後はガトリングで終了ですか?この作品は一話完結の話ばかりなので、設定やら何やら舌の根の乾かないうちに完結させてしまうことが多い気がする…
最も、それを補うために最近では入浴シーンが多いのだと思うが。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"スカイガールズ【第18話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント