みなみけ【第4話】

今週はみなみけ3姉妹より、新キャラや周りのキャラが中心?

千秋が学校から帰ると、玄関前に佇むおじさん(タケル)の姿。タケルはどうやら彼女に振られて慰めてもらいにみなみけに訪れたらしい。千秋も後に帰った夏奈もタケルを持て余し、頼みの綱の春香を心待ちにするが、いざ帰ってきた春香は理由を聞くと料理に逃げてしまう。
食事を振舞われて少し浮上したタケルに振った彼女から電話が入り、心配をした3姉妹を他所に彼女の元に向う。しかし結局翌日もタケルは玄関前で佇む事に・・・小中高の女の子の家に醜態を晒しに行く20代男ってなんなんだろうか、しかも夕刻から。

次は、夏奈が好きな藤岡、その藤岡に好意を寄せるリコの話。藤岡と夏奈が仲良くしていることに気付いたリコが、今まで友人でもなかったケイコに2人の仲を聞いたことからケイコと一方的に友人となり、将を射んとすれば馬からと言うことで、ケイコをつてに夏奈とも友達となる。
見所はリコがケイコを呼び止めるときにスカートを掴むところ?ケイコちょっと魅力高し。

次いで、雨の日、用意の無いプリンを突然食いたくなった夏奈と、炭酸を切らした千秋が、どちらが雨の中買いに行くかをケイコから借りた新作ゲームで勝負する、ただそれだけの話しなのだが『先生と二ノ宮くん』というゲームソフトが、たけしの挑戦状を連想させるような、ごった煮のクソゲーむだったため、雨が上がり春香が買物を終えて帰宅するまで熱中してしまう?
発売後2日で3桁の金額になりそうな、単なるネタゲー。なにより所有者がケイコというのがミソな気がする。尚、対戦格闘のキャンセル技は良くプログラミングされていたと思う。

ラストは、バレーの上手な春香をバレー部に勧誘しようとする保坂の話し。
マキもアツコもバレー部で、マキは春香をバレー部に誘うが、春香の事情を知っているアツコが、子供がいるからとマキに誤解する方が悪い誤解を植えつける。
そのマキが、春香を狙って来た保坂にアツコから聞いた子供の話を伝えてしまう。保坂もバカなため春香の子供と信じてしまい、先の先まで妄想し2児の父になる事を決意する・・・


ケイコとアツコ、そしてユカは良いなと思う、不幸キャラだからかな?

それはさて置き、よせば良いのに、原作読んじゃいました。見比べると流石テレビ東京、原作ではサービスカットとなるところが、全て隠される仕様となっていた(千秋の着替えとかケイコのスカートとかね)。
今話のゲーム勝負はアニメオリジナル?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"みなみけ【第4話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント