バンブーブレード【第4話】

ブルーと言うには落ち着きがなさそうな鞘子が、小説作家への道を挫折し、ギターに目覚めて剣道部に戻ってくる?

しかし、先週ピンクが外山への天誅を加えようとした所、自暴自棄だったブルーが自転車でピンクに突っ込み、天誅が果たせなくなったピンクはトラウマになるブラック姿をブルーに披露したという経緯があり、ピンクは剣道部に出てきたブルーをあからさまに避けてしまう。

人を叩きのめす事に快感を覚え始めていたピンクは、剣道を辞める事を選ばず、全てを話した虎侍の助言により、ピンクはブルーの教室に出向き怯えるブルーに頭を下げる。尚、虎侍の助言が戦隊ヒーロー物の頑張りが、自分の行動が正しいとしんじているせいだと、ちょっと危険思想につながる説得を行う。

取り敢えず団十郎はかなりピンクの事を良く理解しているのが伝わった話でした。


4話で4人まで揃いあと一人、対戦高は女子部員いっぱい。ってか室江高校も去年はいっぱい部員(男子)が居たみたいなのだが今年はあまりに閑散としすぎているな、良い道場があるのに勿体無い。

ピンクもただ黒いだけではないみたいで素直なところがあり、裏表の出入りが楽しい、レッドが静なキャラクターなので動ととれるピンクはとても良く生える感じだ。イエローは子犬みたいで由。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"バンブーブレード【第4話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント