灼眼のシャナII【第3話】

ヘカテと瓜二つ、中の人も一緒な近衛史菜の登場。

シャナと悠二が大慌て、シャナは咄嗟に封絶を張り確かめるのだが、一美がカムシンのアイテムで動きまわるが、史菜は停止してしまう。それを以って疑いは晴れぬものの確証がないため動向を見ることになる。

泳がせた史菜は何故か悠二になついてしまう。しかも行動がお姫様で、総て他人に面倒を見てもらうことを前提に行動するという珍人物。尚、そんな挙動が真竹に気に入られたりする。

悠二がマジョリーの自在式に頼ったり、シャナがのこのこ御崎市に現れた新人の徒を使って史菜を危機に陥れることで確認したりするが、どれも白。結局史菜が血を流したことで人間であると一応得心する?

人間なら人間で、悠二に懐く史菜はシャナと一美にとって面白くない存在となっていく。


お姫様+無感情のマッチングはなんか個人的には美味しくないが、史菜の登場でシャナと一美のモヤモヤが見れるのは楽しいところ。

しかし、メアも今回の徒もなんか情けなさ過ぎて可哀想だわ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"灼眼のシャナII【第3話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント