スカイガールズ【第15話】

ツンツンしているわりには、後悔などが直ぐに表情に出てしまう可愛い瑛花の家庭の事情と、エリーゼの15歳という設定は無理があるだろうって話?

折り目も規律も正しい瑛花。父親との不和に関しては航空際の時に垣間見せたが、今回はその原因が解明される。元パイロット経験者の父が、パイロット志願の娘を許さなかったことが問題らしい・・・

瑛花父、気持ちは分からんでもないが提督という役職?の人が、自分の娘だけは駄目って通らないだろ?特に先の戦いで男が居なくなって女の子が戦うという設定もあるんだし・・・

駄目出しされた瑛花は、それが理由で家を飛び出し(たのか?)てパイロットになり、永遠と不和が続いているみたい。今回瑛花父が過労で倒れたことで久しぶりの会話成ったが、表面上は和解ならず。しかし双方心配しあっていることは描かれる。

途中、万年困り顔で心配顔のエリーゼは瑛花と瑛花父の事を気にして、瑛花の周りをうろつき親が居ないという自分の生い立ちを披露し瑛花に親に関して考えさせたのやらどうやら?
それより、エリーゼはお菓子をかけてのカードゲームでお菓子を差し出さずごねたり、食べ物で一喜一憂したりと本当に15歳ですか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"スカイガールズ【第15話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント