バンブーブレード【第2話】

恨みを買い易いと思われる、都と付き合うプラスマイナス100カップルの段十郎を、稽古と称して痛めつける外山。それを見てしまった無感動娘珠姫は、幼少より秘めたるヒーローの血が騒ぎ、剣道部にかかづらわっていく。

人を痛めつける事で悦に入る真性サドの外山と対峙する珠姫。貸された胴衣がブカブカで後退するとコケてしまうハンデを抱えるものの、剣道部で一番強いと称される外山を見事に討ち果たす。

剣道部とは今回だけの係りと考えていた珠姫だが、紀梨乃に再び外山の襲撃があった時に救えるのは珠姫だけだと請われ、剣道部の用心棒として残る事になる。

トントン拍子です。そんな成り行きがあることも知らずダメ顧問虎侍は、珠姫を如何な策で剣道部に取り込もうか思索中。結果だけしって唖然。ついでに珠姫入部後、実力を知ろうと手合わせして瞬殺される・・・おお、一気に書くと気持ちのいいストーリーだ。

入部した珠姫は、弁当をついばみ合うような友達になれ、少ない表情ながら嬉しそうでした、と。


無法者外山と、悪代官虎侍という2大悪を一蹴する珠姫という図式でした、なかなか良い。

無感動娘が仲間に囲まれ頬を赤らめたり、微細な喜びを表情に表すさま、なかなか良い。

今週もまま満足でした。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"バンブーブレード【第2話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント