スカイガールズ【第14話】

3人だとデルタ、4人になったからクアドラ(音羽曰くドラドラ)ロックという安直な必殺技が企画、実施に移される。

しかし、キーパーソンである4人目のエリーゼが、ワームのドイツ基地襲撃で仲間を失った事への復讐心と、その時何もさせて貰えなかったやるせなさからプスプスと燻っており。いざ4機で出撃すると気の逸ったエリーゼが突貫してフォーメーションは台無し。ピンチの末、ライバル関係にある兵器のビックバイパーに助けてもらう事態に陥る。

そんな無謀な行動に至るエリーゼの気を宥めたのは、遼平が密かに慕情を抱く夕子女史とおやっさん。夕子女史は夫を失った自らの過去を話し、おやっさんがエリーゼを心配していることを示し、エリーゼは逸る気持ちを収める。

そして、フォーメーションの自ら単独練習をし、それに怒りに来た筈の瑛花が感心して参加、嵐の予感と瑛花の後を付けてきた音羽、可憐も加わり、チームとしての纏まりが生まれる?

再度のワーム出現で、副長にエリーゼの出撃を止められるが4人娘の纏まりを見て取った艦長が許可、副長の存在意義が無くなる。

長い発進プロセスを端折った発進で出撃した新生スカイガールズ(冬后命名)は、気配りのエリーゼの活躍でクアドラロックを決め勝利する。


相変わらず心を入れ替えるのが単純且つ早い作品・・・まあ、いいけど拘りや深みと言うものは捨ててると思う。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"スカイガールズ【第14話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント