ヒロイック・エイジ【第26話】

壮大なテーマの作品が最終回を迎えた・・・壮大さといった意味では天元突破の方が上かもしれないが・・・
扉となったユティにエイジが突っ込んで、破った先に別の宇宙が広がった。

銀の種族は黄金の種族に捨てられていなかったと大喜び、鉄の種族にへドロンの盾に青銅の種族使用権を与えて、黄金の種族を追ってさっさと外宇宙に行ってしまう。
尚、ユティに突っ込んだ事でエイジは帰らぬ者となっており、無事だった他の英雄の種族は銀の種族と共に外宇宙へ。

鉄の種族(ディアネイラ)は、エイジとの約束であるオロンの再生を優先させ、この宇宙に残る。

アネーシャやテイル、メイルの髪が伸び、へドロンの盾を使いこなして其々の任務をこなしている4年後の話になり。

ディアネイラが執心したオロンの再生も叶い、それに従事したアルゴノートも撤収の準備が進む。

その中、髪型に縦ロールが入ったディアネイラは一人エイジを想い、オロンでエンディングシーンをトレースする。

そしてエンディングが終わり、ディアネイラが立ち去ろうとすると、オロン軌道上に重大な異変が発生し、外宇宙への扉が生まれエイジが帰還する。オロン再生が条件となり扉が出来る仕組みだったらしい。

光の中に居るエイジに向かってディアネイラが涙を浮かべ走りより、手を取り合って終了。


まあ、この宇宙での問題は解決、エイジとディアネイラも回り逢えてハッピーエンドでした?

で、黄金の種族って何だったの?


この作品は、軽く見ると難解で、難しく見ると矛盾と言うか都合のいい言葉遊び。製作者の好き勝手と思える作品なので付いていくのが困難だった。

絵は終始安定しており美麗で、音楽もマッチしており良かったと思います。

キャラ設定(運用)では、ディアネイラ以外にもアルゴノートには大勢の名のあるキャラが居るが、見事な脇役でスポット回どころか居なくても本筋に関係ないような存在ばかり、これは残念でした。

中盤以降は鉄の種族対銀の種族の戦で彩られましたが、作戦やその規模、情勢や情報その他もろもろ割愛されていたため、何がどうどちらが優勢とかが非常に解りづらく。バカ兄貴とニルバールは指揮官としてどちらが正しいのかもかなり不鮮明な感じでした、残念。

ファフナーと比べて、どうだったかと言うと、個人的にはどっちもどっちと言う感じでした。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ヒロイック・エイジ【第26話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント