スカイガールズ【第13話】

攻龍に乗船、離岸。対ワームとの戦いが本格化する・・・ちなみにソニックダイバー隊の戦いって対処療法だよね?ワームが増殖するようなら永遠に終わる事の無い戦い?まあ、番組的にソレは無いだろうけど・・・

その前に、海に出ればお約束?の船酔いをする人間が現れる。候補としては可憐、瑛花、たくみ、遼平あたりが考えられるが、女の子にゲーさせてもアレだし遼平が担当に。

遼平は船酔いで具合が悪くなってしまう、しかし船酔いのせいで零神の担当を外されては堪らないと必死に耐えるのだが、音羽とじゃれた事が災いして遂に倒れてしまう。

音羽は自分のせいかとも思い心配するのだが、可憐が伝えてくれた内容は単なる船酔いとの事。

早速見舞いに赴くのだが、そこで船酔いのため遼平を零神の担当を降ろすというおやっさんとの間の会話を聞いてしまう。また遼平がそれを承諾してしまったモノだから音羽が怒り込み、こんなの遼平じゃない、私の零神を任せられないと一頻り叫んで走り去ってしまう。音羽の言葉に心を痛める遼平。

音羽はその後、通路で瑛花と激突そのまま顔を見せずに咽び泣く怒る。

そこで都合よくワームの出現、スカイガールズの出撃が発令。

ナノスキンジェル塗布後の長い長い発進シークエンスをプロセスをこなして順次発進されるが、瑛花、可憐は発進したものの音羽の零神が発進不可能な状態に陥ってしまう・・・どうも音羽の精神状態が影響しているような・・・

瑛花と可憐は戦闘に入り、整備陣が大慌てでワラワラと零神を弄繰り回すものの埒が明かない。そう言う場面で遼平が現れ、音羽の気持ちが盛り上がって零神が起動、出撃を果たす。

後は何時もの防衛結界でワームを処理して一件落着。

遼平も船酔いどころでなかったため、直ったというか忘れる事が出来て万々歳。


影で出撃できないエリーゼが悶々としておりました。


今週気になった点は、ソニックダイバーの発進プロセスが長いこと・・・20分しか運用が出来ないのに、ありゃないだろ?

それと攻龍には使い勝手の悪そうな併設主砲2門だけしか無いのか?しかもあんな近距離で戦ってたら、その度にドッグ入りが必要なのでは?
それに将軍が2人も乗っている艦に護衛も無いなんていい度胸してるとしか・・・

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"スカイガールズ【第13話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント