ながされて藍蘭島【第26話】

遭難した美咲救出のため、東南西北のぬしと死闘の末に手にした祠の鍵で、海龍様へのお願いに向かう行人とすず・・・尚、助っ人のしのぶは東のぬしと死闘を継続中。

しかし、その影で行人を島外に出すまいとあやねが先に海龍様(第6話に出てきた首長竜?)に接触、髭???を取って怒らせてしまう。

海龍様の助けを得られなくなった行人は、オババに止められながらも、小船で嵐の海へ出る。

一旦は、行人の好きにさせて上げてと、オババから行人を庇ったすずだが、自らの気持ちに従いさしみにお願いして行人を追いかけ、すずは我侭だけどと前置きし、会えなくなるのが嫌だと訴える。
行人もすずとの生活を思い出し、すずの手を取ろうとするが行人は藍蘭島を囲む渦潮の底へと消えていく。

行人の後を追い海に飛び込んだすずは、さしみに助けられ海岸でオババやちかげ、りん、ゆきの、あやねの見守る中で目を覚ますが。即座に嵐の海に出て海龍様に誤り行人の事をお願いしに向かう。

今まで、行人を島外に出すまいとしていたちかげ、りん、ゆきの、あやねもそれに協力、あやねが海龍様の髭をくっ付けて・・・怒りが収まる?

その頃行人は、脳死していてもおかしくない時間海中を漂っていたが、まちの藁人形への一刺しで目覚め、海上に首を出す。
するとそこには、嵐の中マッチョをはべらした美咲が舟で登場・・・
兄も兄なら妹も妹でタダレタ環境でヨロシク過ごしていたらしい。

健在を確認しあった兄妹は、一言二言の会話の後、美咲はマッチョ男に囲まれたタダレタ環境を望み、行人もご同様でハーレムを望んで其々の藍蘭島へと帰っていく・・・妹が可愛ければ、とても許せる環境ではないと思うが・・・。

そして、行人はすずの居る藍蘭島に戻り、第2回婿殿争奪おにごっこ大会のドタバタで終わる。


最終回でしたが、普通にドタバタで誰と正式にくっ付くわけでもない終わり方でした。行人とすずの関係は確りしたものになっているでしょうけどね・・・まあ、こんな終わり方もありでしょう。

ただ今回は、時間軸が滅茶苦茶だったり、百年に一度の嵐の割には大した事無かったり、海は凪いでいたりと都合が良すぎたのはいただけません。

それと、最愛の妹の美咲が、野獣の群れの中で性を武器に雄雄しく生き、その環境を望んでいるというのはたいへん衝撃的でした。それを許容する兄という構図も・・・ ・・・ ・・・


・・・ソレはさて置き、この作品に関しての感想です。
深夜帯の番組ながら夕方帯の内容や構成になっており、それがちょっと残念。
まあ、原作を知らなければ、そつなく無難に見れ、原作を知っていると劣化した?って感じを受けます。

メインのすずはキチンと描かれた気がしますが、サブヒロイン?のまち、あやね、ちかげ、りん、ゆきのなどはメイン回とかあったにも関わらずあまり魅力が表現されていなかった気がします(劣化と感じた由縁)。また、原作では見せ所的な部分がカットされたり薄められたりしていたのも残念です。

まあ、なんちゅうか大きく賞賛も卑下も出来ない作品って感じですか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ながされて藍蘭島【第26話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント