アイドルマスターXENOGLOSSIA【第24話】

最後の敵を朔とSOUND ONLYジジィ連にするために、先ずはトゥリアビータ壊滅へと話が転がる。

朔はトゥリアビータの本拠地である島を壊滅させるために、トゥリアビータの存在を公に公表し、各国の軍隊とMSAの力を行使、以前使ったウルトリウスまで準備し全てを闇に葬ろうとする。

しかし、偽装暴風圏という物がトゥリアビータの本拠地を隠しており、それを解除する必要が何故か有るらしく出番の少ないあずさが単身乗り込む。

一方、先週インベルから強制射出された千早が、雪歩も怯えるくらいに痛々しくなっており、「クリームみたいに白いの」を繰り返し呟き、トゥリアビータのエネルギーをシュメルツオーフェン(人間を物理的にアイドルと融合させるシステム?)にまわしてしまう

このため、トゥリアビータは敵に備えてエピメテウスを出撃させなければいけないのに、エピメテウスは起動不能、それどころか偽装暴風圏すら維持できなくなってしまう。

偽装暴風圏を千早が解除してしまい、第一の目的が達せられるあずさだが、不手際の目立つリファが汚名挽回のために度々立ち塞がる。
尚、リファは斧を山のように抱えていたり、本人を山のように連れてきたりと悪足掻き状態、ついでに回想でリファシリーズはあずさの卵細胞から作られた存在であった事が明かされた。

リファを退けたと言うか逃げ切ったあずさはお母様の下へ。銃を突きつけ元凶を断って終わりにしようとするあずさだが、カラスがまだ利用価値があると言って登場。

父が元グランドロッジの猫の一員でだが追放され、それを恨んでいると聞いても居ない事を言い、あずさを殺そうとするが、千早がトロトロのクリームになったことで島が鳴動し光を放ち、「ミッションリンク、これで世界は救われる、アウリンが応えてくれるのよというお母様の言葉を残し、カラスもお母様もあずさも千早も逝っちゃったご様子。

雪歩はヌービアムに、真はヒエムスに、そして出番の無かった春香がインベルに最後の決着を着けに出撃する???


ここで死んでも、舞-HiMEではチャイルドが倒れて消えた人間も全員復活しているので、復活する可能性が高い?(舞-乙HiMEでのエルスティンは復活しなかってけど・・・)

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"アイドルマスターXENOGLOSSIA【第24話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント