機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第24話】

アメリカ対日本戦が継続中。

出来レースであった筈の戦いが、ザイオンの暴走や日本の内輪揉めのせいで予断を許さぬ展開に発展。

ギガンティック自体も圧倒的有利であったアメリカのジュピター2であったが、スサノヲもキメラ化してスペックアップ。ジュピター2のマントを引っぺがす程度まで強くなる。

しかし、有利なシーンで気勢を上げて使った技がアルゴスの百目や感応とかの搦め手であったため、力でねじ伏せられてしまう。

そこに登場したのが、先週スサノヲの型番が13と知れて以来、出てくることが解っていたアメリカに研究し尽くされた型番10。

ジュピター2もスサノヲを倒すためにパイロットの侵食が進み納豆菌に冒されていたこともあり、型番10はジュピター2を圧倒して屠り、スサノヲなんか要らないと牙を剥く所で終了。


何故かフランスとイギリスの能力を得ているジュピター2。フランスとイギリスは確かドローで別にイタリアやドイツに負け(破壊したのはイタリアとドイツだけど)たわけでもないのに何故?まあ、詮無い事だけどさ。

で、最後の敵はUNやアメリカなどの組織や国家ではなく、型番10を倒して終わりになるのか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第24話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント