キスダム【第23話】

前半は総集編のような戦闘シーンのダイジェスト。後半は京香が人類を裏切った理由の独白。
と言う投げやりとも取れる回でした?

総集編部分は当然割愛。


先週海中へ投げ出された乃亜が水圧に耐え、京香の下で保護、蘇生されちゃう。

早々に目覚めた乃亜は京香と対面、蘇生された乃亜はとっても元気で、自責の念の見え始めた京香に人類を裏切った理由を語らせる・・・話数も無いし、全部語りでスッキリさせたっぽい。

京香がまだ見れる容姿だった頃、船旅中にハーディアンに襲われ、海底で遭遇した死者の書によってネクロダイバーに関する知識を得る。

死者の書に文明を持った知性体が触れると、星の代表となるネクロダイバーが選ばれ、ネクロダイバーは後継者と戦わなければならない。
ネクロダイバーが勝てば力を継承し、その星は新たな進化を遂げ、負ければ死滅するという内容・・・って、この辺は既に語られていたような・・・

ついでに、身に覚えのない仔まで宿しており。生まれ出たのがヴァルダ達の言う4番目である玲・・・玲の能力や発生方法がヴァルダ達とどう結びつくのかは、滅茶謎のまま。

当初、京香は悪魔っ子玲を恐れるが、非情になり切れず母性(成り行き)で育て、ついででN.I.D.Fを組織し、ハーディアンに備えるというウルトラCを行う。

しかし、N.I.D.Fは一夜で壊滅、人類は負けてしまう。そこで京香は、しかたがないからとネクロダイバーを覚醒する前に倒して、設定の不成就に持ち込み、無かった事にしようという素っ頓狂な考えで、ハーディアン側についていまったらしい・・・ハァ?


で、結局京香の目論みは全て上手くいかず、人類の終焉を迎えつつあるところで、ネクロダイバーとヴァルダが復活。
人類の残存戦力も集まって最終決戦になだれこむ?


N.I.D.Fを組織するところが、端折られている。どうやって設立したのか、そこを詳しくお願いしたい、そこがクリアして頂けないと納得しかねます。
それに、京香の妄想に付き従う人間が多いのも謎のままだ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"キスダム【第23話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント