瀬戸の花嫁【第22話】

瀬戸燦の男の趣味解禁。
作品内容は大人気のアイドル、ルナのお手伝い?

Aパートは、忙しくてドラマのセリフを覚えられないルナが、燦をかじって恋人役の練習相手をお願いする。お願いされた燦は力いっぱい協力し、自分の男の理想像である男臭いバンカラ番長に扮する事に。

あまりに時代錯誤?で男臭すぎる演技?は、ルナの恋人役に適せず、ルナは学校で練習役を求めるのだが、我もと言う男どもが立候補し大騒動。

ルナ親衛隊が出てきて仕切り始めると、呼応して対立組織燦ちゃん信仰会が登場し対立。第二次燦ちゃんルナちゃん戦争勃発の危機が訪れ、ついでに女子も蜂起する。

第一次燦ちゃんルナちゃん戦争は、戦いの唄で無敵化した永澄の活躍で収束したが、、、今回は燦が男の夢を壊す姿で登場したため、燦派が戦うまでも無く瓦解し収束・・・

Bパートは、かくし芸大会の練習を省くため、巻を使って腹話術を行う事になる。

学校に巻を持ち込み練習するルナだが、巻はルナの本性を暴露してしまうだけ。だが、妙に自虐コントになっているためクラスでは受ける?

しかし、明乃に見咎められて巻を使ってテレビに出ることを注意されてしまう。

ルナはそれを振り切ってテレビ出演を断行しようとし、明乃は子分の海とエラ呼吸三人衆を使って阻止しようとする。永澄も丘に居る事とかくし芸大会を引き換えにするなと説得するが、ルナの仕事を大事にする意気込みに巻が呼応、ルナの体を無視した巻がその全能力を使って脱出を支援する。

校門前に用意された車まで逃げたルナだが、明乃の足止めをするために屋上で戦う燦と明乃の戦いを巻が見たため、巻が大暴走しルナを屋上まで引っ張り、勢い殺せずそのまま上空、そして落下。ルナは3日の意識不明に陥りかくし芸大会リタイアでこの件は終了。

集中治療室からの退院後、圧した仕事で慌てるルナに、永澄が再々度練習相手を申し出るが、歯止めが利かなくなるとつぶやくルナが可愛い。


巻が朝食で生肉を喰らっていたが・・・巻貝って生肉食べるって今まで知らんかったよ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"瀬戸の花嫁【第22話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント