アイドルマスターXENOGLOSSIA【第22話】

朔の姦計というかごり押しでモンデンキントジャパンはMSAに奪われてしまい、課長はリストラ、スタッフは民間に移籍させられてしまう。

赤穂浪士の如く、暫くは新しい生活でなりを潜めるが、大石倉之助宜しくジョセフ・真月を中心に集まり蜂起する・・・雪歩の時もそうだが、朔の危機管理能力の無能っぷりは凄いとしか言いようがない。

ラジオ放送を使用し、基地に残された味方であるホームランバッター蛍と双海姉妹に繋ぎを入れて基地に侵入、武器を持った特殊部隊を相手にして、アッと言う間に基地を奪還してしまう。

尚、MSAを倒すジョセフ・真月は、大怪球フォーグラーを前にした静かなる中条の如き活躍であった事をここに記す。


今回のメインは、タイトルにもあるように「バット」をもった蛍さんと、課長に他ならない、見事な活躍でした・・・多分最初で最後の・・・

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"アイドルマスターXENOGLOSSIA【第22話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント