ながされて藍蘭島【第22話】

ダメ親と大家族の生計を支えるゆきのが、食料調達で遅くなった帰りに青い鳥を目撃する。
去り際に残した、青く透き通った羽に心奪われたゆきのは、青い鳥の捜索を開始する。

それのお手伝いをすることになったのは、行人の配慮無い言葉(すずを残して故郷に帰る言葉)で傷心のすず。

心弾ませ探すゆきのだが、青い鳥が見つからず変な鳥を見つけてしまう。この変な鳥にも心奪われたゆきゆきのは、猪突に追いかけてしまい足元に大きな亀裂があっても気づかずに落ちてしまう。
一緒に落ちたすずは足を怪我してしまい、くまくまは壁がもろくて登れず自力脱出が不可能。

夕暮れになっても戻らないすずとゆきのを心配する行人とかがみ。うさうさが青い鳥探しをしている事を知らせてくれていた事もあり、捜索に出る。

とんかつやいのいのの鼻を頼りに捜すが雨が降ってしまい、匂いが消えてしまう。その時現われ道を示してくれたのが青い鳥で、その後を追いすずを探し出し救出する事が出来る。

青い鳥は、変な鳥が変態した姿・・・それは伏線でも説明がなされる訳でもない、とってつけた設定?

帰り道、足を怪我した事を隠すすずを怒り、家族だろとおんぶしてあげる行人にすずは喜び涙を流す・・・女の子の肌を見て鼻血を噴く、超むっつりの行人が、よくも巨乳のすずをおんぶできたと関心。


原作の31話と32話で、尺に合わせるためのカットしただけで、ほぼ原作どおり。可も無く不可もなく、あくまで無難な出来上がりでした。

最終回に向けて、すずの感情を盛り上げるための回で、これからはこう言うエピソードがチョイスされていくのかな?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ながされて藍蘭島【第22話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント