ゼロの使い魔 ~双月の騎士~【第8話】

アンリエッタの出撃に伴い、アニエスも学院を去る事になる。
それを聞いたルイズがアンリエッタの身を案じ同伴しようとするが、自分の事しか考えない才人がエレオノールにチクッてルイズを反省房に閉じ込めてしまう。

そのタイミングで、シェフィールドの放った傭兵が魔法学院を襲撃。

銃士隊の見張り3人が殺され、内部に潜入した賊は生徒と教員を人質にして学院を占拠してしまう。

しかし、反省房に居たため難を逃れたルイズと才人、危機を察して対応したキュルケとタバサ、寝込みを襲われ反撃に成功したアニエスと銃士隊は健在。

アニエスと銃士隊は即事態に対応、交渉を装い突入の支援用の爆弾を窓に仕掛けるが、賊の方が手練でさらに爆弾を仕掛けていた2名を失うこととなる。
そのため作戦も無く突入する事となり。アニエスの方が剣技が上でも魔法を使う賊には叶わず苦戦を強いられる。
そして獲物を前に舌なめずりする賊は、アニエスの村を焼いたことをベラベラ喋りまくる(笑)

一方、ルイズは才人がボンクラなため、事態への対応どころか状況もつかめず、ルイズがボンクラを説得して反省房から出た頃には既にアニエスが突入しようと言うところ。
キュルケとタバサと合流したところで、アニエスが苦戦状態。
コルベールに出会い、コルベールに逃げるように促されるが、才人以外は怖気づかず事態を何とかしようとする。


シェフィールドが立てたこの作戦、貴族の子女とは言え、戦中に子女の命が人質として有効なのだろうか?逆にトリステインが他国の賛同を得やすくなるだけのような気がするのだが・・・

それはさて置き、才人を見ているとイライラする。
こういう作品なら、アンリエッタ他アニエスを含めて護るくらいの気概が無いのか?
ルイズを戦場に出せとは言わないが、自らはアンリエッタを護るために戦場に出るくらいの事はして欲しい、保身に走るな、それが出来ないなら戦争を止めろ。
今のような日和見なボンクラな態度は見たくない。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ゼロの使い魔 ~双月の騎士~【第8話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント