魔法少女リリカルなのはStrikerS【第21話】

リミッターを解除した全力全開の機動六課が出撃する。目標は聖王のゆりかごとスカリエッティの巣穴、時空管理局地上本部の防衛。
さぞや胸のすく活躍をしてくれるのかと期待したが・・・ま~だ、鬱屈させますか?

なのはは聖王のゆりかごにヴィータと共に突入、リミッターが解除されたのにまた別の制限が加わる。

はやてはどっかの部隊の指揮を執りつつ聖王のゆりかご周辺で戦闘中。

フェイトはスカリエッティの巣穴でヌエラと共に戦闘、ヌエラ血だらけ。

ヴィータはなのはと二手に別れたのち、蟷螂に胸を貫かれて重傷。

シグナムはリインと共に、上空でゼストと対峙。

キャロとエリオは、ルーテシアを見かけるとティアナの作戦を無視してまっしぐら、ヌルヌルで説得しようとする。

ティアナはキャロの作戦無視により、戦闘機人3人にフルボッコされ、ヘトヘトの絶体絶命に。

スバルはギンガと相対して、他の事は頭に無くなった様子。

・・・ため息しか出ない状態だな。


はやての立てた作戦は、問題のある場所への部隊員分散派遣という醜悪なもので、案の定各個撃破の良い対象になってしまった。

戦力は一箇所に集めてこそ有効、ましてやチームを主眼に置いた組織でやるなど今までの20話が全て無駄!

特にティアナが可哀想。キャロの作戦無視で計画が早々に破綻し、個人的な感情にまかして行動するキャロとエリオ、スバルに忘れられ絶体絶命の状態って・・・

個人的には、地上本部防衛は不要、聖王のゆりかごは本局艦隊到着まで地上本部兵力や聖王教会で持ちこたえさせ、スカリエッティの巣穴に全力で当たって欲しかった。
ギンガ対応など一番後回しで十分、スカリエッティを処理した後のほうが面倒が無くなって良いと思うのだが。

しかし、ミッドフィルダには時空管理局以外に治安維持や防衛組織と言うものが本当に無いのか?一個人の所有する戦力に翻弄される社会体制ってどうなのよ?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"魔法少女リリカルなのはStrikerS【第21話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント