エル・カザド【第21話】

何時まで待ってもエリスを捕まえて来ないブルーアイズに、組織はやる気あるの?と疑い、それを確かめようとブルーアイズ自身に邪魔なナディの殺害を指示する。

指示を受けたブルーアイズは、狙撃銃を用意し準備万端でナディの殺害に望むのだが・・・

その頃ナディとエリスは、コンドル?の素手による捕獲を試みていた。

この所業、どうやら立ち寄った村の詐欺師に騙されているのが原因で、逃げやすい縄で繋がれているコンドルに近づいて、そのコンドルが逃げてしまうと、飼い主のおやじが出てきて逃がしたなと難癖をつけ、捕獲してこなければ金を払えと言う詐欺、ナディ達はそれを律儀に捕獲して果たそうとしているのだ・・・しかし、詐欺師は金銭で弁償する事を前提にしているだろうから、詐欺師にとって捕まえようとするナディ達はさぞ計算違いだった事だろう。

事情をしらない、ブルーアイズやその側近は???状態に、ナディの先制攻撃は成功である。

現地に到着したブルーアイズは、岩陰に隠れてコンドルを待っているナディとエリスを捉えるためスナイパーお得意の持久戦に入る、そこで止せば良いのに暇だからとナディとエリスの会話を盗聴する事に。

盗聴していて飛び込んできたのは、コンドル?を見上げて自由を語る内容と、「ブルーアイズ」というナディの寝言に興味を持ったエリスに語ったブルーアイズに関する事。内容は殆ど悪口でブルーアイズは組織にドップリ、ナディは自由と言う言葉で締め括られる。

遂にコンドル?を捕獲したナディとエリスだが、エリスが早く飛んでと逃がしてしまう、ブルーアイズがチャンスとナディに狙いを定め引き金に力を込めるが、ブルーアイズは盗聴を聞いていた無線機?携帯?を撃たっだけ。


ブルーアイズは、素養は無いが元祖魔女の末裔だと言い、エリス捕獲をずっと悩んでいた事と、これからは自分の道を行くと語り、自由を旗印に側近の下から去っていく。

これでナディの口座も永遠に復活する事は無くなった?


今回で2度目だがブルーアイズのヌルイ縛りの意味が訳わからん、せめてL・Aのように脱がしてくれれば・・・

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"エル・カザド【第21話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント