ヒロイック・エイジ【第19話】

相手の戦力も習性も解らず、自らの戦力を頼りにターミナルプラネットを落しつつ進攻を続ける鉄の種族。

銀の種族の発祥星コドムスの攻略を命じられたアルゴノートは単艦で向かい、途中?何処ぞの星を地上偵察、原住民以外居ない事で危機感を覚え、やっと銀の種族の性質について論じ始める。

しかし、時既に遅く、敵陣深く進攻していた鉄の種族旗艦艦隊は銀の種族に奇襲包囲戦をしかけられてしまう・・・ってか、戦略上良く聞く戦法な気も・・・

ディアネイラは、何時までもストーカーしてくるパエトーに対して我慢しきれなくなり、文句を言いに行きました。


色々矛盾している契約は、どの道予言でもなく契約だし、約定にそった行動がなされれば結果は求められていない内容なので、結末を契約から類推するのは無意味・・・ってか、延々と語られても、既に右から左状態です、すみません。

この戦争、情報に重きが全然無いので、潔いと言えば潔いな、情報戦や人の裏を掻くというのは卑怯でいけない、うん、ついでに飛び道具もやめればなお良い。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ヒロイック・エイジ【第19話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント