スカイガールズ【第6話】

今週はテーマは胸の大きさ?

コイン乾燥機で、忘れ物の巨大ブラを発見した極貧乳の音羽が妬みつつ持ち主を探す。

可憐で無い事は、失礼にも一目で判断したが、何時も書類などで胸を押さえつけている七恵は思い込みで貧乳と決め付け、貧乳の仲間入りさせてしまう。

可憐は七恵のこぼれる脇乳などから妙な計算を施し巨乳であると理解するが、音羽が不憫で言い出せない。

さらに音羽は、瑛花を裏切り者扱いし、理想的な胸と評したりと、暫く引きずる事になるが。

最終的には、善意で貧乳仲間である七恵に対して、寄せて上げて踊るブラという過去の英知を勧めたことが(まほろさんを思い出すな)、七恵から胸を隠していたカバンを取り上げ事実を知るにいたってしまい、言葉無くそのままフェードアウト。

胸以外のストーリーは、ワームの危機が迫っているため、音羽たちのシュミレーションに対ワーム戦が加えられ、手も足も出なかったという流れがあったくらい。


真面目な話、ソニックダイバーの適正は胸で決まるのかと思っていた。
ナノスキンが身を守っても、薄手のモーションスリットを着込んだだけのスーツで、うつ伏での搭乗姿勢は胸をびろ~んとぶら下げる形になり、高速飛行や高機動をするのにはひどく邪魔で、胸が取れそうになるになるほど痛いだろうと、抵抗も大きいし(視聴者としては楽しいが)。

なので並みの胸を持つ瑛花は、適正ギリギリという判断なのかと・・・



七恵ですが…巨乳キャラで堀江由衣ってことは七恵も黒くなるんですか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"スカイガールズ【第6話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント