ヒロイック・エイジ【第18話】

青銅の種族の本星に攻撃を仕掛けた鉄の種族艦隊、遂に青銅の種族の本星を遂に掌握する。

今週は艦隊戦と地上戦が全て、青銅の種族の本星とは言え、既に主戦力は様々な地に散り、幼体を育てる地でしかなくなっていたため、銀の種族も援軍に現れることもなく、鉄の種族の損害を考えない猛進で一気に本星を陥落させる。


冒頭の艦隊損耗率が2%とか言ってましたが、結構やられていた戦闘終了時の損耗率はどんなだったんでしょうかね?
通常損耗率30%で全滅、50%で壊滅、100%で殲滅になるので、今後の事を考えると心配です。
最も敵の総戦力を全然理解していないみたいなので詮無い事ですが・・・

また、敵本星に到着後、幼体とは言え戦意を持つ敵に対してエイジは戦闘を止めてしまう、敵が白旗を挙げない状態での攻撃側の戦闘終了は正しいのだろうか?・・・虐殺しろという意味ではないが、生身同士なら幼体でも人間より強そうだし。
ってか、少女型宇宙人ならもっと早くに戦闘終了していただろうけど、昆虫型だと人間からは忌避感が強いので殲滅戦になっちゃうよね、対ゴキブリ戦での手心って・・・

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ヒロイック・エイジ【第18話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント