魔法少女リリカルなのはStrikerS【第18話】

主人公は一回負けてその後に勝たなければならないという懐かしい鉄則を踏襲し、先週ボロ負けしてしまった機動六課。

そんな約束事があるためか、物的損害ばかりで奇跡的に死者はゼロ?(ゼノグラ見た後だと温く感じるね)

機動六課側は、ギンガとスバルが機人であり、スバルの母が拾ってきたという生い立ちが語られたくらいで、今週は課員が傷を舐めあい、励ましあっただけ。

スカリエッティ側では、ルーテシアの戦う理由が、眠った母を目覚めさせ、自分の心を得るためだと語られたのと、ヴィヴィオがスカリエッティに幼児虐待を受けた事くらい。

双方次へと繋げる準備や休息の、ヌルヌルな溜めの週でした。


EDは既に変わっていたが、OPも今週から変わってスバルを明確に主人公として打ち出したようだ・・・よりにもよって・・・

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"魔法少女リリカルなのはStrikerS【第18話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント