ながされて藍蘭島【第18話】

千影流忍一族・三姉妹の次女しのぶ登場。

千影流忍一族37代当主こころ(アニメ未登場)が、娘の3姉妹を行人と見合いさせようとするが、長女くない(アニメ未登場)とみことは興味が無いということで、忍びの家に生まれながら剣の道を志している、次女しのぶが人身御供として差し出される。

しのぶ自身は、見合いすることを知らずに空腹で行き倒れたところを行人とすずに拾われる。

事情は知らないしのぶだが、行人に関しては情報を得ており、島内の北、南、東の認める剣客と心得ていた。

しのぶは修行の一環として行人との試合を望むのだが、行人は女の子は護る者であるという家訓から、護るべき存在に剣を向けるのは本末転倒と試合を受けないのだが。

意識しないお色気おねだりや、睡眠学習の如き暗示、裸体を使っての誘惑(しのぶ曰く色香の術らしい)など猛烈なアタックを繰り返す、これに対して黙って居られなくなったのがすずで、風呂場での騎上位を見せられた段で怒りを身に纏い、試合をすれば付き纏うのを止めるというしのぶの言葉を引き出し、行人に試合を承諾させる。

試合自体は、しのぶがちかげの入れ知恵で勝負服(ゴスロリ服、原作設定上下着に関しても勝負下着)を着たくらいしか見どころが無い。

決着は膠着の後、しのぶがつんのめってしまい、それを行人が助けようとして胸を鷲掴み、この行為にしのぶが立っていられないほど感じてしまい、負けを認め行人の勝利で幕を閉じる。

尚、勝負もついてしのぶは修行の旅へと向かったのだが、翌日にはすずの見える場所に住居を構え、ちゃんとした剣技を学びたいと行人へ弟子入りを申し出る。


原作の45話?、しのぶは43話で登場し、そこからエピソードが続くのだが大きく端折られてしまった感じ。
おいしいエピソードがいっぱいのしのぶなのに、無くなってしまったのはとても残念に思う、しかしアニメの構成としては珍しくまとまっていた気はする。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ながされて藍蘭島【第18話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント