瀬戸の花嫁【第16話】

お役人の不知火さん登場、内容は珍しい燦を中心とした回?

燦、ルナ、海に続き4人(匹?)目の転校生、不知火明乃が転向してくる。
明乃は、人魚が人間にバレ無いように暮らせるかを判断しダメ出しをする役人で、学校に蔓延る人魚(魚人)の試験管として赴いた者であった。

早速ダメ出しされる海、人間失格と判断されるルナ。
そして燦は明乃に役人だと告げられ、それを人に話せず一人思い悩んで注意力散漫の挙動不審に陥る。
もともと抜けたどじっ子だが、輪をかけて悲惨な目に遭う燦は魂も抜けかけるが、明乃の「まァ日頃の行いというのは隠そうとしてもバレるものだ・・・お前もそう緊張せずいつも通り振舞え!」と言う言葉に、気を取り戻すが・・・“いつもどおり”花瓶の水を被り人魚に戻ってしまう。

明乃もビックリの惨状を隠すため、明乃がクラスの者を切捨て、廊下で教室への立ち入り禁止にするという、大騒ぎを巻き起こす事す羽目に。

そこに飄々と足が戻ったと、明乃の前に姿を出した燦に、大失格と討ちかかる。
直前に打ちのめされていた海の刀を取り大立ち回りでそれを受け捌くが、失格の烙印を捺された燦はその場に崩れ落ちる、だが明乃は失格の一本を入れられなかったと執行猶予処分に。

尚、この騒動で明乃は磯野第八中学の天下を手に入れる・・・


見事な燦苛めでした、いや~良いな~。

しかし、マジカノと違ってパンツはおろか乳揺れまで制限入っているのかこの作品は?乳揺れまで特殊効果で隠すなんて・・・テレ東はもうだめだな、どうせならAT-Xのほうでお願いしたかった。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"瀬戸の花嫁【第16話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント