キスダム【第15話】

今話はシリーズ構成上要らない欠片(ピース)という話?

訓練生時代の仲間?に囲まれた状態で目を覚ますシュウ、新たらしい要素はパイ作り要員としてノアやイエラ、耳の後ろに羽の生えていないヴァルダ、ヴァイレ、ヴァラールが登場すること。

シュウは仲間と過ごす懐かしい思い出に埋没するが、どじっこノアがネックレスをパイの中に落として紛失、そのパイをシュウ食べて発見し、なんだかとりとめなくなって夢から覚める・・・バレバレの夢オチ。


シュウ、ノア、イエラが見た夢なのに、由乃とか玲とか勝手に役を演じておりました・・・
それ以前に呼べば醒めるような単なる夢を見せてどうする、ハーディアン。

シリーズ構成・・・もっと何とかなりませんか?
1~3話で終わった近代兵器対ハーディアンはもう2~3話、冬音編で泣かせたいならもう1話程度多く配分されていたらと思う、其々の人物の掘り下げが少ないから、キャラへの繋がりが希薄になり、感動のでき無い、見所の無い、そんな作品になってる気がする。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"キスダム【第15話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント