ヒロイック・エイジ【第13話】

木星は崩壊、艦隊もダメージを受け再編成中の中、ただ黙々と(キャストロールにエイジがないくらい)ノドス戦を続けるエイジ。

相手はカルキノスとメクティで、カルキノスとの肉弾戦の最中にチョロチョロとメクティが時空流とか言う技でちょかいを掛けてくる・・・色々突っ込みどころの有る技だが、今回は面倒くさいので敢えて触れずにスルーしておきます。

今回の戦闘も長々と続き、メクティもヘロヘロになるまで繰り返すがエイジには通用しない、通常なら諦めるところだがメクティは番組中続けた。
その成果有ってか、別の次元、別の時間軸で受けた衝撃が収束されたとか言ってエイジに亀裂が走り、メクティは爆発することに・・・

ノドス以外では、バカ兄貴が火星に付近に展開する銀の種族に、後続(補給も含むんだろうな)との連絡も絶たれた状態で突っ込んで行き。
ニルバールやアルゴノートの暗躍が進む。


この作品、鉄の種族と銀の種族の総戦力が提示されていないから、作戦が正しいのか正しくないのか判断できなくて困る、だからバカ兄貴のとる行動が本当に間違いで、ニルバールや艦長が正しいのかもわからない、正しい正しくないが言葉遊びになっているような気がする。
地勢学上地球を奪還する意味合いが有るのかも解らんしね。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ヒロイック・エイジ【第13話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント