アイドルマスターXENOGLOSSIA【第13話】

先週のヒステリーで遂にネーブラに捨てられた真、なんちゅうかフォローする者も無し。

見かねたあずさが、能天気娘に相手をお願いするのだが、まあ無理だよな。

そして、信じていたあずさに解雇通告を受け真はモンデンキントを去り、トゥリアビータのドアを叩く。

あずさは朔とともにしたり顔。


ネーブラは来る者拒まずらしいので、雪歩はやっぱりあずさの思惑でパイロットを外されたたんだねぇ、課長も出来そうな雰囲気持ってたのに単なる昼行灯だったちゅうことかな?それともコレから光るのか・・・

なんか、悪い奴ばっかになって来たなこの作品、美希が出てなくて良かった。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"アイドルマスターXENOGLOSSIA【第13話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント