瀬戸の花嫁【第12話】

和気藹々に姑と家事をする新妻と、アイドルであるご主人様に囲まれたエロ永澄は、先週のハイテンションに比べ落ち着いた日曜日を過していた。

母と燦が買物に出かけると、ルナのお誘いでエロ永澄はルナの部屋に、ルナの部屋に着くと・・・割愛・・・永澄がルナを押し倒しキスに至ろうとする姿を巻に見られてしまう。

永澄はこの事を燦に、ルナは全教科0点を燦に告げ口されないようにするため、巻の軍門に下ってしまう。

しかし殿の所望は、フナムシとルナがくっ付き、フナムシを江戸前組が引き取るというもので、強行に拒否するフナムシとツンデレるルナ。

ルナのデレ方が激しく暴力に傾倒するため、勢いで水を溢しルナが人魚に戻ってしまう。
下僕は甲斐甲斐しくタオルで拭いてあげるのだが、丁度ルナの下半身が人に戻ったボトムレス状態をフキフキする痴態を燦父、ルナ父、永澄父に見られてしまう。

ルナ父は、東京湾に沈しようとするのだが、ルナそれを制止しようと必死になり話は転がり、ルナと永澄が結婚する運びとなる。


今週はほぼ原作通り、ちょっと普通すぎた感じ、先週が先週だから特にそう感じるだけでクオリティが低いわけではありません。

それと、今まで永澄のルナ好きとルナの永澄への気持描写がアニメではあまり触れていなかったのでそこが少しだけ残念・・・特にルナ父登場の回でルナの事を理解している永澄の図が割愛されていたのがね。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"瀬戸の花嫁【第12話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント