アイドルマスター XENOGLOSSIA【第10話】

本来嵌められたり、苛められたりするのは主人公の特権なのだが、伊織がその役に・・・

えらく良い子の亜美がモンデンキントに復帰、アイドルとのハーモナイズを行う。

その結果を受けて、真がバックアップにまわされ伊織がネーブラのパイロットへとローテーションを組まれるのだが、それに不満をもった真が、伊織が行うミッションのプログラムを書き換え、伊織をミッションを失敗に導く。

あずさはこの真の行為を知ってるみたいだが、咎める事無く放置し伊織は責任からパイロットを下ろされる。


あずさは雪歩のパイロット選定の時も怪しい課題にしたり、今回の生死に係わるような問題でもおかしな行動を取っているように見える、実は破壊工作員?

・・・考えてみると、ゲームアイマスとアニメは別設定とは言え、キャラクターへの好き嫌いがこのアニメで生まれると、ゲームとして損なのではと思うのだが・・・あずさとか真が嫌いキャラになり始めている、ミサトもね。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"アイドルマスター XENOGLOSSIA【第10話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント