ながされて藍蘭島【第10話】

雨の日の藍蘭島は仕事がお休み。
そしてすずは死んだ母と遊んだ事を思い出してブルーになってしまう。

だが、そんなすずを心配して、あやねやまち、ゆきの、りん、ちかげが偶然を装って遊びに来てくれる。

おおまかに言うとそんだけ。


原作の15話、アニメで登場させてないゆきのの母が出なかったり、あやめがまちから逃げるシーンが入ったり、行人のもし自分が帰って居なくなったら?などのすずを心配する心情シーンが無くなったり、すずの歌が入ったりしていますが、話や構成はほぼそのままでした。

原作を見ていると、ただ作った感が・・・ついでに劣化した感が・・・ん~原作読んだのが間違いだったのかな?・・・それに、瀬戸の花嫁とも比較しちゃうんだよな。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ながされて藍蘭島【第10話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント