瀬戸の花嫁【第10話】

ルナパパ登場、全編ターミネーターのパロで押し通す。

迫力があり原作を読んでいても楽しめたのだが、あまりにパロディに力を注ぎすぎたため、原作にあるルナを想う永澄の気持ちが語られずじまいに終わっている。

ルナに寄り道していられない事情のせいかもしれないが、内容が薄くなった感じがして残念だ。

・・・それに、今回の構成は原作しらないと、何だコリャっていう評価にならないか心配だ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"瀬戸の花嫁【第10話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント