アイドルマスター XENOGLOSSIA【第8話】

今週は南の島。
健康的な肢体を晒す女の子達、特に雪歩・・・設定を変えてくれて有難うサンライズ。

インベルの機動実験で、モンデンキント総出で南の島・・・インベルは解体整備しちゃうし、隕石来たらどうするんでしょうかね?

慰労を兼ねているので、女の子は海で戯れ、雪歩はたわわる。

だが、空気を読まない春香は恥かしがって肌を曝さず、あまつさえ一人分解整備中のインベルの元に向かってしまう。

そこであずさにアイドルの事を聞くに至る。
崩壊した月とそれによってもたらされた、地球以外の複雑なシリコン構造体、それがアイドルであると。
で、エロい事に女の子しか乗れないという設定があるとのこと。

それを聞いた春香は、アイドルが何なのか考え込むが、伊織のインベルはインベルでしか無いと言う言葉で復活(引き摺らないで良かった)。

その世、夜間テストと称してインベルを駆って海上を飛び回り海水に漬けて話し込む。

そこで春香は、愛の告白のような会話をしたり、浜辺でも見せなかった水着をインベルに披露したりする、エロいインベルはそれを録画してネットに流してしまうのであった、なんかヤバイよこのメカ。


コアは地球外だが、ガワは地球産ならば・・・海水に漬けた後の整備が非常に気に掛かる、分解整備が必要だよね?

これだけエロいメカがなんで雪歩を選ばなかったのか謎だ・・・たわわは嫌いなのか?

で、次週はとかちですか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"アイドルマスター XENOGLOSSIA【第8話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント