エル・カザド【第7話】

「働く男」より「待つ幼女」にしてくれた方が解りやすい、そんな話?

車も無くなりひたすら南へと歩き、とんと風呂にも入れない日々を過ごすエリスとナディ、藍蘭島の女の子にからするととんでも無い状態、流石に鬱憤もたまったのか街に着くとちょっと贅沢なホテルに泊まることにする。

そこで出会ったのはナディが「待つ女」の中で出会ったリリオ。
リリオに懐かれたエリスとナディは、保護者?リカルドが戻るまで相手をする事になるのだが、リリオはエリスと共にナディの懐を直撃するような攻撃繰り返す(廻り回ってブルーアイズの財布に連動するのだが)。

一方、L・Aの変態ぶりに放置しきれなくなったダグラスはリカルドに、身柄確保命令を下し、リカルドがL・Aの相手をする事に・・・


今話、水着シーンやシャワーシーンもあるのだが・・・何故か萌えない、サービスになっていない・・・なんでだろう、強いて言うならキャラに若さが無いからだろうか。

今一番の気掛かりはブルーアイズの財力が何で何時まで続くのかだ、実は借金していて番組終了時にはとんでもない羽目になってないか心配だ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"エル・カザド【第7話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント