アイドルマスター XENOGLOSSIA【第6話】

葛城ミサトとサザエのつぼ焼きが再登場、モンデンキントの管制を奪い取り偽情報でアイドルを出撃させインベルの強襲強奪を画策する。

雪歩はインベル専属オペレーターに、伊織とも仲良しにと組織内でやる事はやって問題が解決されたところで、葛城ミサトがインベルは自分のものだと、春香駆るインベルを襲いコテンパン(死語?)にのしてしまう。

出血し気を失った春香が管制制御システムダウン状態のインベルごと成層圏界面から地上に落とされる所で次週へ。


管制制御なるテクノロジーに頼り、パイロットスーツがおざなりであったことは否めない、生命維持関連どころか宇宙に出るにはあまりに軽装過ぎるだろ・・・突起物の多そうなコクピットだし。
それに、汗が浮遊してしまう状況ってのもどうよ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"アイドルマスター XENOGLOSSIA【第6話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント