機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第5話】

ロシアとの戦闘で、真名はトラウマ、慎吾は空回りのおおはしゃぎ・・・

見かねた李夫婦がキャンプへと誘うが、それは敵工作員誘き出しの作戦で、カウンターチーム(忍者)が出現し敵工作員をなぎ払う。

ついでで真名が忍者だと判明。

卯兎美は共鳴感応システム作り、真名にテストさせるが、スサノオが慎吾の姿で現れたため、忘れたい気持ちから卯兎美に良く解らないとテストの成否も判断できない回答を返す・・・


今話はキャラデザから離れてくれたので多少見れた、もっと離れてくれることを希望する・・・だが慎吾の性格はどうにもならんな。

今回写真を取りまくる慎吾、あと一枚でメモリが一杯になるということで指令などと集合写真をとるのだが・・・撮りきる必要があるカメラってことは使い捨て?
それに機密だらけの場所や、関係者を撮って良いというのはユル過ぎじゃあないか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第5話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント