ヒロイック・エイジ【第5話】

アルゴノートが補給に立ち寄ったために、ティターロスを巻き込んだ衛星軌道上での戦闘が始まってしまう。
エイジはエイジで、銀の種族側のノドスと地上及び宇宙空間での喧嘩を繰り広げる。

一応エイジの力で、敵の攻勢を退けることに成功する?


軌道ステーションから逃げ出したアルゴノートが重力アシストで増速しようとするが・・・あの高度からのゼロ発進で出来るものなのか?素人考えでは落下するだけのような気がするのだが・・・

ティターロス、ビッグバイパーやアルテミスの首飾りを出したりして防衛及びアルゴノートの援護をするのだが・・・賠償や保障はして貰えるのでしょうかね?「借りが出来ましたな、姫さま」の一言で終わりそうで可哀想なんですけど・・・

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ヒロイック・エイジ【第5話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント