瀬戸の花嫁【第4話】

埼玉まで嫁入りした燦、永澄と一つ屋根の下だが、同室生活、入浴は別々。
入浴なんてサービスどころか煙が多すぎて逆にイライラします(この作品に限りませんが・・・)。

燦は元永澄の部屋に入り、永澄は屋根裏へと追いやられる、燦の部屋の押入れに永澄が住むという初シチュの方が視聴者にとっても色々楽そうなのだが、原作通りでした。

一段落したところで埼玉見物・・・
途中で男二人にナンパされ困っている女子学生二人と遭遇、見咎めた燦が男共に文句を言い出すのだが、永澄は事なかれを望み燦を静止しようとする。

必死に燦を説得するのだが、その場に現れた人物が永澄ごときの算段は破壊してくれる。
旧知の間柄の巡が、男共に文句を言い、女学生を逃がし、永澄に男共の矛先を向かわせる。

感心するのは、勝てない事を悟った永澄が男共を抱え、橋から川に一緒にダイブ、燦と巡を護ろうとするところ、近頃の主人公にはない立派な行動です。

まあ、川に落ちたくらいでは男共はピンピンしているので、川の中でピンチを迎えてしまうわけだが・・・

結果、泳げない巡と、燦に助けられる。

その後、巻を置き去りに燦と外出した事を巻に攻められたり、巡と燦の挨拶で巡が警視総監の娘だと解り燦が両手を差し出したり、巡に巻を見咎められ人形と偽り、永澄が人形趣味と思われたりして終了。


原作(6~8話)を色々カットし異なる繋ぎ方をし始めましたね、一人出てこないし(ヤロウだから要らないけど、人形趣味を見咎める相手が変わった)、アニメネタや巻の着替えなどのカット・・・

ちょっと飛ばしすぎで、原作の笑える部分もすっとばされている感じがちょっと残念・・たぶん、村瀬(政)を無理矢理使うためのわりを食っていると思われ、そこまで村瀬を声優にしたいのか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"瀬戸の花嫁【第4話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント