瀬戸の花嫁【第3話】

マスコット?の登場と水着の回?

親の仕事の関係で埼玉に戻らなければならなくなった永澄、そのことを燦にも報告しなければならなくなる。

都合の良いことに、無人島でのバカンスという機会を与えられるのだが・・・
それに付いて来たのは、永澄をフナムシと呼ぶヒットマンの巻(巻貝)。
巻のために折角の燦の水着姿(流石人魚良い身体してます)も堪能できず、命の危険にさらされる。最終的には永澄暗殺は、燦にバレて一時的に暗殺は流れる。

その帰り、永澄は燦に埼玉へ帰ることを話すのだが、燦は既に知っており妻として埼玉について来ることを告げる。
そして燦を連れ埼玉へと帰るのだが、燦親父が新幹線にへばり付いていたり、巻がカバンに忍び込んでいたり・・・次週より舞台は埼玉へと移る。


原作で言うところの4話と5話の合体、無人島バカンスが4話で、埼玉に戻るのが5話なのだが・・・結構綺麗にまとまりましたね、上手い上手い。

惜しむらくは、燦の良い身体を披露するのに淡白な絵柄のため色気が足りないことか?

これから先ですが・・・原作読んでいると、燦の活躍がなくなり空気と化していくのですが・・・アニメではどうなるのでしょうかね。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"瀬戸の花嫁【第3話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント